« ●「京おどり」はじまりました | Main | ●「はなぐはし」祇園篇 »

2011.04.04

●「はなぐはし」七条〜五条篇

2_taihennthumb400x4006865えー、昨日は昼過ぎに上洛。

七条から五条迄は木屋町通を、五条から祇園町迄は鴨川縁りを「てくてく」と散策。
「桜狩り」。を楽しんで参りました。
そんな訳でのミヤコ観桜序章、「七条〜五条篇」で御座います。

尚表題は「桜」に掛かる枕詞にて。

001
【写真上】「花桃」近景一写。
個人的に昔から気に入っている、七条木屋町上がった所処の桃木。
周辺の桜は五分咲き程度も、此方の桃は「花盛り」。
花瓣も香りも正に「満開」でした。

004_2
【写真上】シモクレンとソメイヨシノ。
薄桃色と濃紫のコントラストも中々と宜しいものです。

005
【写真上】野村紅葉(ノムラモミジ)。
季節を勘違いしてしまいそうですが、通年紅葉している品種の楓。
人の名前ではありませんので、念の為。

007_2

008
【写真上.下】ソメイヨシノ、二写。
五条近くに一本、特に「咲きっぷり」の良い桜木がありました。
背景の町屋とも相俟って、良い風情を醸して出しておりまする。
が、これでも八分咲き位でしょうか。

010
【写真上】五条大橋下の桜樹群。
枝垂、紅枝垂、染井吉野…、品種も花色も取り取りです。
五条周辺では三分から五分咲き程度のものが多い様でした。

基本的に五条以南の木屋町通は観光色も皆無、市井民普段生活の通りです。
従い派手やかさや華やかさはありませんが、その分花見名所に付き物の混雑や慌しさも御座いません
ですから却って散策がてらに花を愛でるには丁度良いのでありまして。
そんな訳でのミヤコ「桜検分」第一弾でした。


因みに日曜日のミヤコは淡青の春晴れも、「薄ら」肌触り冷える気候。
しかし水曜からは気温もかなり上がるとの予報ですので、今週末にはさぞかし見頃になっている事でしょう。

|

« ●「京おどり」はじまりました | Main | ●「はなぐはし」祇園篇 »