« ●「第51回赤坂をどり」 | Main | ●「はなぐわし」帝都篇.そのニ »

2011.04.11

●「はなぐわし」帝都篇.その一

本日は昼過ぎより、久方振りのチャリンコ「帝都散策」。
「あづまの春風情」を求め、皇宮周辺から四谷見附を花見検分して参りました。

そんな訳での帝都観櫻その一、「千鳥ケ淵」篇で御座います。
尚表題は…、
クドい様ですが、「桜」に掛かる枕詞にて。

110411_002
【写真上】千鳥ケ淵公園南詰、ブロンズ像噴水の水面一写。
御覧の通り周辺の桜花は散り始め、枝先には葉桜が目立ち始めていました。
残念ながら今週末迄は持たないでしょう。

110411_006

110411_007
【写真上】俯首する桜花と皇宮内堀(半蔵濠).半蔵門。
手前は染井吉野、奥は枝垂桜。
公園内で一ニを争う人気撮影スポット、新緑と碧淵に淡桃色の桜が良く映えます。
そして何より宜しいのは、人の姿が全く入らない事でして。

110411_005

110411_008_2
【写真上】桜花近景ニ写。
上は八重紅枝垂、下は染井吉野。

110411_010
【写真上】公園内の桜樹群。
千鳥ヶ淵公園の桜は約170本、殆どが染井吉野です。
近くで見ると「ぼちぼち」葉桜も目立ち始めてますが、遠目で愛でる分には問題無し。
ベンチに腰掛けて、ぼんやりと仰ぎ眺める桜も宜しいものです。

110411_009
【写真上】公園より俯瞰する内堀の西堤。
「淡桃白」「鮮黄」「新緑」「濃碧」のコントラストが見事。
春の装いを一纏めにしたような一枚です。

110411_016
【写真上】半蔵濠越しに眺む「やんごとなき」桜木。
あちら側は天上人のおはす所処、堀は深く、敷居は高い「お桜様」です。

110411_045
【写真上】千鳥ケ淵公園北詰より一写。
皇居内堀周辺では桜も然る事乍ら、「菜の花」の黄、「蘿蔔」の白、そして「若草」の緑が目を惹きます。
瑞々しい色合いの花草を眺めていると「花見」と云うより、寧ろ「春見」に来ている感。
気持ちも心成しか朗らかになるのでした。

この後は北ノ丸公園へと向かいました。
続く。

|

« ●「第51回赤坂をどり」 | Main | ●「はなぐわし」帝都篇.そのニ »