« ●「赤坂をどり」始まります | Main | ●「第51回赤坂をどり」 »

2011.04.10

●「うちよする」in華燭の典

えー、昨日は「都落ち」の日。
昼前に京都駅を発ち、一路東へと向かったのですが「静岡」で途中下車。
何故かと申しますと、同地は浅間神社で知己の結婚式に出席する為で御座います。

で、折角の事ですので早めの到着。
式の行われる静岡浅間神社で「桜検分」すると致しました。

尚表題は「駿河」に掛かる枕詞にて。

110409_009
【写真上】駿府城二ノ丸.西側の桜並木。
浅間神社へ向かう途次でしたので、少し立ち寄ってみる事に。
場内公園の桜は既に散り初め、葉桜も目立ち始めておりました。

110409_039
【写真上】八千戈神社より大歳御祖神社、拝殿と本殿を望む。
浅間神社は「浅間」「神部」「大歳御祖」の三社合祀社。
浅間通りから訪れた際、真っ先に参内するのが大歳御祖神社の神門と拝殿です。

110409_020
【写真上】神部浅間神社.南回廊と枝桜。
今回は浅間通りからの参詣でしたので、此方側より境内に向かいました。

110409_051_2
【写真左】同.楼門北側より。
【写真右】境内社.八千戈神社。
昼過ぎに一時雨足が強くなり、レンズを向けるにも一苦労でした。

因みに桜の開花状況ですが…。
矢張り温暖湿潤の地「静岡」、ミヤコよりもトーキョーよりも足早です。
加えてこの日は三時頃迄降り止まぬ雨模様、染井吉野は大体が「盛過ぎ」でした。

110409_089【写真上】おまけ一写。
式が終わった後、私めは一人鷹匠へ。
京都.間之町二条から故郷に戻り、昨年12月からこの地で飲み屋を営んでいる旧知の元を尋ねました。

そんな訳でその道すがら撮った、駿府城「宵風情」で御座いました。

|

« ●「赤坂をどり」始まります | Main | ●「第51回赤坂をどり」 »