« ●「かむかぜの」 | Main | ●伊勢の食欲魔人 »

2011.04.05

●続.「かむかぜの」

えー、帰京三日目。
本日は早朝より片道2時間強の日帰り小旅行。
ミヤコより神渡られし地「伊勢神宮」へと足を運んできたものです。

尤も「日帰り」と申しましても現地滞在は約7時間。
ゆったりとした旅程を取っていましたので「内宮.外宮」の御正宮は勿論の事、14ある別宮のうち11の宮を回って参りました。
シカシ流石にそれだけの参詣記を単日で纏めるのは無理なもの。

そんな訳での「お伊勢参り」速報リポート、取敢えずは「神都.観櫻篇」で御座います。
尚表題は「伊勢」に掛かる枕詞にて。

020
【写真上】染井吉野一写。
外宮、北御門参道より火除橋を望む。

022
【写真上】神路通り.枝垂桜と染井吉野、左は山桜。
外宮から月夜見宮への参道、桜花風景二写です。

029_2
【写真上】月夜見宮鳥居と染井吉野。
神路通りより眺む。

以上が外宮周辺。
開花状況は総じて「三分〜七分咲き」くらい。
特に「観桜名所」と云う感じの所処ではありませんが、内宮に較べて混雑具合が少ない所為もあり落ち着いた感じが致します。

続いては内宮周辺です。

050
【写真上】内宮.宇治橋大鳥居とヤマザクラ。
写真の通り、未だ「ちらほら咲き」位です。

071_2
【写真上】内宮境内.大山祇神社から鼓ヶ岳を眺む。
此方も「五分」迄行かないでしょう。

049
【写真上】同、桜群近景。
手前はソメイヨシノ、奥はヤマザクラ。

内宮神域内の山桜や枝垂桜は総じて三分程度。
陽当たりが良い場所の桜木は、今週末にも満開が期待出来そうです。

所処で「伊勢の桜」と云えば矢張り「五十鈴川」。
内宮の東を流れる川畔に立ち並ぶ染井吉野は約200本、「神都の地」に恥じぬ観桜名所です。
しかし「禁河」の花唇は未だ「蕾膨らむ〜開花間近」程度。
見頃最盛は今月中旬以降でしょうか。

以上、こんな感じでした。

|

« ●「かむかぜの」 | Main | ●伊勢の食欲魔人 »