« ●「はなぐはし」御所篇 その一 | Main | ●「はなぐはし」御所篇 その三 »

2011.04.07

●「はなぐはし」御所篇 その二

Taihennthumb400x4006865_4えー、帰京四日目。

昨日は午前より洛中へ。
御所苑内花を求めて「あっちこっち」を暢気にぶらぶら、日がな半日を過ごしておりました。
そんな訳でのミヤコ観桜「御所篇」その二で御座います。

尚表題は「桜」に掛かる枕詞にて。

012
【写真上】出水.小川前の枝垂桜。
桜樹の大きさと花の枝垂れっ振りは御所でも有数。
遠目からでも目を惹くものです。

008
【写真上】同.「桜の木の下で」
差し詰め「桜傘」の袂、と云った感です。

011
【写真上】同.近景。
枝垂れの枝先は足元に迄伸びております。

013
【写真上】梅園一写。
出水桜から建礼門前の砂利道を上がっていくと左手には桃園が。
丁度今が華最盛、色鮮やかに咲いております。

016

015

017
【写真上】桃花近景三写。
上より「桃桃花」「白桃花」「紅桃花」。
何か早口言葉みたいです。

020
【写真上】白木蓮。
御所「宜秋門」の近く。
所謂一般のモクレン(紫木蓮)に較べると、樹高は可也成長します。
御所のものは高さ10メートル以上でしょうか。

018
【写真上】同.近景。
白木蓮の花弁は厚手で大振り、しかも純白色の上に群生咲きしますので、派手やかに感じられます。
因みに花言葉は「自然愛」「崇敬」だそうです。

この後は近衞邸跡へと向かいました。
続く。

|

« ●「はなぐはし」御所篇 その一 | Main | ●「はなぐはし」御所篇 その三 »