« ●「山中湖」一ヶ月前 | Main | ●鴨川「床開き」 »

2011.05.01

●「鴨川をどり」はじまりました

扨、月替わり五月です。

と云う訳で先斗町では「皐月床」と並ぶ立夏風物、「鴨川をどり」が本日より開幕。
ミヤコ花街「春の演舞会」も愈々殿りで御座います。

矢張り震災の影響もあってか、今春の「をどり」は何処の花街も客足苦戦の様子。
私めも今年はGW帰京致しませんので観劇は出来ず終い、ミヤコの皆様は是非とも足を運んで下さいな。

因みに下記事は昨夜行われた前夜祭の様子。

20110430190901otdori003五月幕開け 華やかに 
鴨川をどり前夜祭
京の花街の初夏を彩る先斗町の「第174回鴨川をどり」の前夜祭が30日、京都市中京区の先斗町歌舞練場であり、5月1日からの開幕に向け、芸舞妓があでやかな踊りを披露した。
今年の演目は2部構成で全3景の「お伽草紙(とぎぞうし)恋のゆくえ」では、平安王朝絵巻さながらの衣装で芸舞妓が登場。十二単(ひとえ)の女御や束帯姿の大将が舞台を華やかにし、ユーモアを交えながらも切ない恋物語を演じた。
全5景の「都名所吹きよせ」は春の鴨川、宇治の夏、嵯峨野の紅葉、雪の伏見と京の四季の移ろいを踊りで表現。最後の「五月の空」は、藤の花が華やかな舞台で花がさを手にした芸舞妓が総踊りして締めくくった。
24日まで。先斗町歌舞練場TEL075(221)2025。
(文.写真共 京都新聞5/1
より)

|

« ●「山中湖」一ヶ月前 | Main | ●鴨川「床開き」 »