« ●みちのく「拾遺集」 | Main | ●宵々々山 »

2011.07.14

●都大路「右往左往」

えー、八ヶ月後に開催が迫っている「京都マラソン」、なのですが…。
参加者公募を翌月に控えたこの時期に、「何をまぁ今更」と云った話です。

詳細は下記記事参照の事ですが、過去数多「すっとこどっこい」な市政を繰り返してきた京都市の手腕が如何なく発揮されている様子。
警鐘を鳴らしているのが「不祥事が十八番」の京都府警と云うのも、コレマタ失笑モノなのですが…。

まぁ今更大会自体が中止にはならないでしょうが、競技がマラソンだけにこんな「迷走」振りは勘弁して欲しいものです。

Lcl11070814520004p1京都マラソン開催「黄信号」 
世界遺産巡るコース大渋滞懸念 京都府警が苦言

京都市が東日本大震災の発生1年にあたる来年3月11日に初開催する「京都マラソン」の交通対策が行き詰まっている。
当日は日曜日で、人気観光地の世界遺産を回る想定コースで実施されれば市街地の大渋滞が予測されるが、市の渋滞解消策は効果の不透明な車の使用自粛を市民に呼びかける程度。
道路の使用許可を出す京都府警は「市の計画は絵に描いた餅だ」と突き放し、中止を求める声まで上がり始めた。
京都マラソンは、市と京都陸上競技協会が主催する市民参加型のフルマラソン。復興支援もスローガンに、約1万5千人の参加を見込む。

市などは、マラソンを通して京都の歴史・文化を感じてもらおうと、観光客に人気のある寺社を巡るコースを計画。西京極総合運動公園(右京区)を出発、仁和寺(同)や上賀茂神社(北区)、銀閣寺(左京区)などの世界遺産を回って平安神宮(同)でゴールする最終案をまとめた。
ところが、マラソンに伴う交通規制で、コース主要道が最大で約5時間通行止めになり、市街地で大渋滞が予測されることが判明。当日予想される数十万人の観光客のうち、車で訪れる人数の予測もつかず、渋滞解消策が重大な課題として浮上した。
市は、当日市街地を走る車は約50万台と試算し、「約17万台(35%)を減らさなければ交通まひは避けられない」として、マイカーの自粛要請を対策として打ち出した。しかし、コース沿道の約11万世帯を対象に2~6月、36回の住民説明会を開催したのに対し、参加者はわずか計約700人。観光客に周知できるかどうかも不透明だ。
市は危機感を募らせ、職員が沿道の世帯や事業所を直接訪問して車の使用自粛を要請したり、旅行代理店に当日の京都へのバスツアーの自粛を求めたりするなど対策を強化しているが、コース設定から“蚊帳の外”に置かれた府警の反応は冷ややかだ。
5~6月に行われた府警と市との打ち合わせでは、府警側から「自粛を呼びかけるだけで協力が得られるのか。交通量が減るとは思えない」「35%の削減ができなければ大会を中止するのか」といった厳しい意見も相次いだ。

府警は「消防車など緊急自動車の通行に支障が出れば命にかかわる。京都の道路事情を考えればフルマラソンは厳しい」(交通規制課)と指摘。市は「渋滞解消のハードルは予想以上に高い」と頭を抱えている。
コース最終案は今月12日の実行委員会で了承、決定される見通しだが、今後曲折も予想される。
交通問題に詳しい九州大の外井哲志准教授(交通工学)は「企画を立てた後でリスクを考える悪い例。市はコース案などを定める際に、渋滞解消などのノウハウをもつ府警と綿密に話し合うべきだったのではないか」と指摘している。

今年は、10月30日に大阪マラソン、11月20日には神戸マラソンも初開催される予定で、各主催者も渋滞対策を進めている。
大阪マラソンの事務局では、当日最大7時間の交通規制を予定しており、大阪府警と対策を協議する一方、チラシの配布やラジオでの告知などを通じ、当日の大阪市内への車の乗り入れ自粛を呼びかける方針。担当者は「大阪国際女子マラソンなど、他の大会の渋滞対策なども参考にしている」と話している。
(文.写真共 産経ニュース7/8
より)

あと、3月から公募投票されていた大会ロゴは決まった模様です。
ホント、仕事の優先順位を考えた方が良い様な…。

201107120176421n京都マラソンロゴ決まる
来年3月11日に京都市内で開催される「京都マラソン」のコースと合わせ、大会要項が発表された。全国から1万5000人のランナーが集まると見込まれ、春の観光も兼ねた新たな行事として期待されそうだ。

テーマは「東日本大震災復興支援」と「京都・日本の活性化」。全参加者がスタート前に黙とうし、ゴール近くの「みやこめっせ」(左京区)では、東北3県の物産展や被害を伝える写真パネル展も開かれる。ロゴマークは、東京都のグラフィックデザイナー、井桁聖さん(28)の作品をもとに、「京」の文字が軽やかに走るデザインとした。
ただ、大規模な交通規制が行われるため、市内の自動車交通量を35%(約17万台)減らさないと大渋滞が起こる可能性がある。市は当日を「ノーマイカーデー」とし、今後、ホームページなどで協力を呼びかける。
大会には、市内に本社を置くオムロンとワコールが特別協賛し、各5000万円を提供する。
(文.写真共 読売新聞7/13
より)

|

« ●みちのく「拾遺集」 | Main | ●宵々々山 »