« ●宵々々山 | Main | ●宵々山「巡行」 »

2011.07.16

●宵々山

えー、昨夜は宵々山。
私めも昼過ぎと日暮れ後の二度、鉾町を漫ろ歩きして参りました。

当然其れなりに混み合ってはいましたが、まぁ許容範囲。
30万人位迄なら「祭風情」も相俟って良い按配にて。

そんな訳で詳細は亦後程。

20110715212443yoiyoiyama_2

人波連なる山鉾町 
祇園祭、宵々山

祇園祭は15日、宵々山を迎えた。夜に歩行者天国となった京都市の中心部では、駒形提灯の明かりに照らされた山鉾を眺める人たちの列が連なった。

京町家が残る新町通では、立ち並ぶ山鉾と軒を連ねる露店を縫うように人が流れた。南観音山(中京区)では、浴衣姿の子どもたちが「厄よけのお守りこれより出ます」とかわいらしい声で歌い、道行く人を和ませた。
露店が出ていない太子山や油天神山(下京区)では、路上に並んだ床机に若者や家族連れが腰を下ろし、ゆったりと祭りの風情を味わっていた。
午後11時までの人出は28万人(京都府警調べ)で、雨が降った昨年より16万人増えた。
(文.写真共 京都新聞7/16
より) 

|

« ●宵々々山 | Main | ●宵々山「巡行」 »