« ●「大糸線」車中より | Main | ●第23回諏訪湖マラソン・速報 »

2011.10.22

●10年振りの「水入り」

えー、本日はミヤコ大路にて「時代祭」が行われる筈、だったのですが…。

「雨天順延」となりました。

然乍ら「不幸中の幸い」と申しましょうか、今年の時代祭は土曜日開催。
「土日宿泊」で入洛されている観光客の方々も多いものでしょうから、来客者数減少のダメージは最小限で抑えられると思われます。

まぁ明日のミヤコは秋晴れらしく「お流れ」は避けられそうも、「いい迷惑」なのは行列巡行路の近隣市井民。
交通規制が一日延びただけのオハナシでした。

20111022124554jidaimaturi時代祭、10年ぶり順延 
23日雨天なら中止
22日に京都市内で行われる予定だった時代祭の時代行列は、雨の懸念があるため、23日に順延された。順延は2001年以来、10年ぶり。23日も雨天の場合は中止となる。
時代祭を主催する平安講社と時代祭協賛会、平安神宮、市の4者が早朝に決めた。市観光協会や平安神宮には観光客からの問い合わせが相次ぎ、市は主な駅や沿道で広報車から順延を知らせた。京都御苑(上京区)や市役所前(中京区)の観覧席には順延を案内する張り紙が張られた。午前7時からの神事は、予定通り平安神宮(左京区)で行われた。
平安講社の奥田幹生総長は「たくさんの方が土曜開催に期待されたと思うが、あいにくの天気で順延を決めた。23日の好天を祈ります」と話した。
23日に行われる場合も、午前9時に神幸列が平安神宮を出発して京都御苑に向かう。時代行列は正午に御苑を出発し、先頭は午後2時半ごろに平安神宮に到着する予定。
時代祭は1895(明治28)年に始まった。時代行列はこれまでに延期と順延が計12回、中止は10回あった。
(文.写真共 京都新聞10/22より)

|

« ●「大糸線」車中より | Main | ●第23回諏訪湖マラソン・速報 »