« ●11.27「リザルト」 | Main | ●「これなむ都鳥」 »

2011.11.28

●「川越マラソン」後記

えー、昨日「小江戸川越マラソン2011.三部作」の続篇に成増。

完走後は記録証を受け取り、ジャージを肩に引っ掛け会場を後に致しました。
取敢えずツカレタので、急ぎ「風呂」です。

111127_105558_2
【写真上】ゴール前風景、二写。
ゴール横では川越太鼓の演舞がランナーを迎えてくれました。
うろ覚えですがコース中、太鼓やブラスバンドの演奏エイドは計6箇所。
その他にも近隣住民の皆様から私設応援団迄、この大会は沿道応援の評価が本当に高いものでして。

そんな訳で水上公園から「重い脚」を引きずり徒歩20分、川越温泉に到着。
湯治でレースの疲れを癒した後は、川越市街に向かったのでした。

111127_145803
【写真上】仲町交差点。
ハーフ3.5㎞地点、四時間前は此処を走っておりました。
レース中に町並みを楽しんでいる余裕は無かったので、改めて歩いてみる事に。
街中は一般の観光客に加え、ジャージ姿のランナーで溢れ返っていました。

111127_150114
【写真上】同.蔵造りの町並み。
川越は本来城下町なのですが、商業都市への転換が早かった事もあり、蔵造りの商家や民家が多く建てられてる様になりました。
亦、旧埼玉銀行南支店や旧八十五銀行本店に代表される近代西洋建造物も町並みに溶け込み、独特の景観を醸しています。

この後は山崎美術館近くの鰻屋で漸くの「昼餉宴」。
何せ温泉入浴前から「水分断ち」をしていたので、兎に角麦酒が美味い。
「レースの疲労」「PB更新の満足感」に「程好いアルコール」が加算され、カナリ良い感じになったのでした。

111127_150422
【写真上】御約束「時の鐘」
川越のランドマーク、取敢えずは一枚収めておく事に。

鰻屋の暖簾を出た後は「疲労」に加え「睡魔」が倍化。
流石に周辺を散策する余力も無く、本川越駅から帰路の途に。
車中では「瞬殺爆睡」、自宅に戻ったのは日暮れ刻の頃でした。
おはり。

|

« ●11.27「リザルト」 | Main | ●「これなむ都鳥」 »