« ●白馬遠征記/初日 | Main | ●白馬遠征記/最終日 »

2012.02.01

●白馬遠征記/二日目

えー、アケマシテ如月。

東北.上越の大雪被害はトーキョーでも報道されいてるでしょうが、此処白馬でもそれはそれは「エライ降り様」です。
「朝から晩迄」「晩から朝迄」、豪雪は一向に収まる気配がありません。

そんな中での滑走日誌。
本日のゲレンデは、別段「寒く」も「冷たく」もありませんでした。
但し、ひたすら「痛い」…。

山頂の気温は-10℃アンダー、それだけならまだしもこの日は「風」も情け容赦無し。
横殴りの強風&強雪は止む所処か強くなる一方、体感温度は更にマイナス加速です。
おまけに上部の視界はホワイトアウト、バーンコンディションも無秩序オフピステ状態。
猛吹雪の中、平地を歩行移動するスノーボーダーの群影は、さながら八甲田山の様相を呈してました。

「何の荒行だ、これは…」

学生時代は毎年の様に白馬で一冬を過ごしていた私め。
寒冷耐性は結構強い方なのですが、流石に今日はチト辛う御座いました。

と云う訳で、板収めの後は急ぎ温泉。
漸く「生きた心地」を取り戻し、ホットウイスキーを寝酒に床に就くのでした。

|

« ●白馬遠征記/初日 | Main | ●白馬遠征記/最終日 »