« ●「八海山」後日談 | Main | ●戸隠にて »

2012.03.26

●「北野をどり」はじまりました

桜の開花より一足早く、ミヤコは上七軒より「春訪」の知らせが届きました。
「北野をどり」の開幕です。

嘗て「ミヤコ.春のをどり」と云えば甲部が先鞭を着けるものでしたが、一去年より開催時期が変更され、上七軒からの始まりとなっております。

「天神さんの梅」は散り終えましたが「北野の華」は今真っ盛り。
「平野の桜」も間も無く蕾膨らむ事でしょう。
そんな訳で下記事は一昨日前夜祭の様子。

20120324225051kitano節目の春に、華やか芸舞妓 
北野をどり前夜祭

第60回の節目を迎える「北野をどり」の前夜祭が24日、京都市上京区の上七軒歌舞練場で行われた。春の訪れを感じさせる舞台で、華やかな舞踊が招待客に披露された。
1963年の初演で大人気だった舞踊劇「愛してならぬ人」の再演で幕を開けた。情感あふれる三味線の音色にのせて、人間に恋をしたカッパの娘の切なさを演じた。続いて節目を祝う純舞踊「常磐(ときわ)の寿(ことほ)ぎ」があり、芸舞妓による「上七軒夜曲」の総踊りでフィナーレを飾った。
25日から4月7日まで。午後1時半と4時の2回公演。4千~4500円。上七軒歌舞会TEL075(461)0148。
(文.写真共 京都新聞3/25
より)

|

« ●「八海山」後日談 | Main | ●戸隠にて »