« ●TOKYO SEVENS 2012 | Main | ●「インターナショナル」in秩父宮 »

2012.04.01

●「都をどり」はじまりました

「みぃやぁこぉをぉどりぃは~」

「ヨォイヤァサァ~」

文字通り「黄色い」掛け声と共に本日開幕は「都をどり」。
観桜行楽も重なり祇園町も遽しくなって参ります。
ミヤコでは「野に」「山に」、そして「舞台」にも春の装いの時節。

尚、今年は140回の節目開催、演題は大河ドラマに因んで「平家物語」を題材としたものとなっております。
そんな訳で、下記事は昨日「大ざらえ」の様子。

平家盛衰春の夢 都をどり大ざらえ
古都の春を彩る「第140回都をどり」の1日開幕を前に、招待客向けの「大ざらえ」が31日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場であり、平家物語を題材にした優美な舞を披露した。
今年の演題は「平清盛由縁名所」。全8景で構成する。総踊りの衣装には東日本大震災からの復興を願って宝船をあしらった。
「都をどりは、ヨーイヤサー」の掛け声とともに、花うちわを手にした20人の芸舞妓が登場した。ホタルが飛び交う瀬田の唐橋、紅葉の大原、雪の祇王寺などを舞台に、清らかな舞で平家の盛衰を表現した。最後は満開の桜に囲まれた清水の舞台を背景に、華やかな総踊りで締めくくった。
4月30日まで。1日4回公演。祇園甲部歌舞会TEL075(541)3391

2314294dutihk2sm_l_2
(文.写真共 京都新聞3/31
より)

|

« ●TOKYO SEVENS 2012 | Main | ●「インターナショナル」in秩父宮 »