« ●戸隠「雑記集」 | Main | ●「かぐら」の季節 »

2012.04.04

●ミヤコ「開花宣言」

昨日、ミヤコでは「サクラサク」の知らせ。
例年に較べ、約一週間遅れの桜花「開花宣言」となりました。

今年の日本列島は「春分の頃」をに至っても、冷え込み続く「冴え返り」の日々。
全国的に開花が大幅に遅れていましたが、漸くの「春来」便りで御座います。

尤もミヤコの桜は「百花繚乱」。
「ソメイヨシノ」以外にも「大島.佐野.枝垂大山(ヤマザクラ)」、「関山.御衣黄.普賢象(サトザクラ)」「江戸彼岸.枝垂.八重紅枝垂(エドヒガン)」…。
早咲きから遅咲き迄「多種多様」、そんな訳で標本木(染井くん)の開花宣言はあまり参考になりません。

兎にも角にも、ミヤコ「観櫻の擾乱」シーズンの幕開けにて。

Z1嵐耐え 桜の開花宣言
京都地方気象台は3日、京都市内でソメイヨシノが開花したと発表した。平年と比べて6日遅いという。一方、この日は日本海で発達した低気圧の影響で、京都市内で4月としては統計上最高となる瞬間風速24.3メートル(午後5時53分)を記録したほか、同市や長岡京市などで4月としては1時間あたりで最大の降水量となり、各地で荒れた一日となった。
「開花宣言」は、標本木でつぼみの5、6輪が咲くことが条件になっている。これまで同気象台は中京区の敷地内で標本木を管理していたが、近隣の工事に伴い、気温や風通しなどの環境が変化したため、二条城(中京区)の桜に標本木を替えた。職員が午前10時25分頃、確認すると7輪が咲いていた。
なお、この日の1時間降水量は、長岡京市で37ミリ(午後3時頃)、京都市で27ミリ(午後3時頃)、南丹市美山町で21.5ミリ(午後2時半頃)などとなり、局地的に豪雨に見舞われた。雨は3日午後早くにピークを迎え、夕方には小康状態となった。
(文.写真共 読売新聞4/4
より)

005

035

0200

020

023

以上、昨年の「ミヤコ.桜花風景」の一部。
開花時期と満開見頃の参考迄にどーぞ↓。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2011/04/index.html

|

« ●戸隠「雑記集」 | Main | ●「かぐら」の季節 »