« ●「山中湖ロードレース」.速報 | Main | ●「山中湖ロードレース」後記 »

2012.05.27

●「第32回 スポニチ山中湖ロードレース」

Headerlogo

本日は早朝より富士五湖は「裏富士」山麓へ。
初夏恒例のエントリー、「山中湖ロードレース」ハーフの部に参加して参りました。
私めにとりましてマラソンはスキーの「オフトレーニング」、従い毎年この大会が「陸上競技.シーズンイン」となりまする。

今日の山中湖は蒼空一面に拡がり渡る「五月晴れ」。
昨年の「土砂降り台風下の荒行」、一昨年の「真冬並み寒冷下の我慢大会」とは打って変わっての好天日和です。 
然乍ら日中の気温は「21℃」、走るにはチト暑杉。
晴れたら晴れたで情け容赦無しの「カンカン照り」、お天道様はもうちょい加減と云うものを考えて欲しいものでして…。

2
【写真上】会場の山中湖中小学校にて、一写。
過去三年の大会ではカケラも見られなかった富士山ですが、この日は「霊峰」の名に相応しい厳かな山姿を現わしておりました。
これでもう少し気温が低ければ文句無しだったのですが…。

1
【写真上】受付ブース一写。
毎年12000人以上の参加者を誇る山中湖ロードレース。
大会規模を考えると、受付から貴重品預かり、完走後の手続きに至る事務作業は非常にスムーズ。
山中湖村民の1/5がスタッフ&ボランティアとして参加されており、ストレスレスな運営には何時もながら「呉々多謝」です。
尚、今回の大会参加者数は約14000名弱との事。
.

そんな訳でレースは9:15にスタート。
所処で私め、実は前夜の寝付きが悪く2時間弱の睡眠時間、スタミナ面で少し不安を抱えてのレースインでありました。
従い前半は抑え目のペース、入り10㎞のラップは4:15前後、10㎞スプリットは42分強。
15㎞辺り迄は目算通りのレース運びだったのですが…。

 「またもや16㎞過ぎで足が止まりました

特に苦手意識は無いものの何故か相性が良くないこの大会(コース)、タイム的には毎回全く振るいません。
「標高(約1000m)の高さ故」か「スキー明けの練習不足(5ヶ月振り)故」か「湖一周した時点(13.6㎞)で気が緩んでしまう故」からか…。
大体に於いて14㎞前後でペースダウン、此処では未だ「90分」すら切った事が無いのです。
そんな訳で毎年毎年同じ様な所処で失速、今年も「鯨の呪縛」から逃れる事は出来ませんでした…。

で、リザルドは、ネットで「01:33:25」(グロス「01:33:39」)。
時計的には凡庸な結果でしたが、体調不十分に加え鬼門コース。
まぁ「ソコソコ」やり切った感は御座いました。

4

3

5
【写真上】会場風景.三写。
校庭に所処狭しと並ぶ出店ブース。
マラソン用品.サプリメントは元より、レース後「アウトドア飲み会」用の酒肴の数々。
「川魚塩焼き」「豚トロ」「焼鳥」「三浦まぐろのテールステーキ」「スナック菓子」etc…、勿論「ほうとう」「鳥モツ」「吉田うどん」「富士宮焼きそば」もありました。

6
【写真上】マンモスイベント「お約束」の図。
大規模マラソン大会での「WC絶対数不足」は中々解決方法の難しいもの。
周辺には可能な限りの仮設トイレが配置されていましたが、それでも全て長蛇の列。
こればっかりはキャパの問題もあり致し方ありません。

と、こんな感じの大会リポ.その一。
続篇は亦明日にでも。

|

« ●「山中湖ロードレース」.速報 | Main | ●「山中湖ロードレース」後記 »