« ●続々々々.スキーソング「懐旧録」 | Main | ●皇宮ラン »

2012.05.13

●ミヤコにて「あずまあそび」

「千早振る 賀茂の社の姫小松 よろづ世ふとも 色は変はらじ.」 (古今巻二十.敏行)

と云う訳で、昨日は下鴨さんで「御蔭祭」。
賀茂祭最後の前儀神事にて、日本最古の神幸列で御座います。
これで葵祭も残す所処、明後日の本祭を迎えるのみ。
祭列道中、御清泰の趣お祈り申し上げます。

201205121942182012mikagematuri_2神をたたえる「東游」優雅に 
下鴨神社で御蔭祭
葵祭(15日)に先立ち、新たな神霊を迎える「御蔭祭」が12日、京都市左京区の下鴨神社などで営まれた。新緑の糺の森では神をたたえる舞楽「東游」があり、優雅な雰囲気に包まれた。
比叡山西麓にある御蔭神社(左京区上高野)で、生まれたばかりの神霊「荒御魂」を櫃に移す神事を行った後、午後3時半ごろに神職や氏子の行列が下鴨神社に戻った。
木漏れ日が差す糺の森で切芝神事が始まり、神霊を運んできた馬の前で東游が披露された。冠にフタバアオイとカツラを挿した6人の舞人が、ゆったりと流れる雅楽と古代歌謡に合わせて厳かに舞った。
(文.写真共 京都新聞5/12
より)

|

« ●続々々々.スキーソング「懐旧録」 | Main | ●皇宮ラン »