« ●続.スキーソング「懐旧録」 | Main | ●続々々.スキーソング「懐旧録」 »

2012.05.09

●続々.スキーソング「懐旧録」

えー、先日ログの続きにて。

今となっては懐かしさだけが残る「スキーバブル」な頃のCMソング。
「スキーな音楽.YouTube検索の旅」続々篇、「松本典子.真木蔵人」特集です。


・「あいにきて I・NEED・YOU!」GO-BANG'S (1989/90.Alpen CMソング)
その①/始まっちゃうかもしれない篇

 

・「あいにきて I・NEED・YOU!」GO-BANG'S (1989/90.Alpen CMソング)
その②/行けちゃうかもしれない篇



・「あいにきて I・NEED・YOU!」GO-BANG'S (1989/90.Alpen CMソング)
その③/チャンスかもしれない篇


・「あいにきて I・NEED・YOU!」GO-BANG'S (1989/90.Alpen CMソング)
その④/決まりかもしれない篇

高野寛「虹の都へ」と同シーズンに放送されたアルペンのコマーシャル。
上記の様に四部作.物語仕立ての内容になっていました。
然乍ら今見直してみると…。
どー考えてもスキーを「スポーツ」でも無く「レジャー」でも無く「ナンパの手段」、もっと直接的に云うと「すけべぇの手段」として描写しているとしか思えません。
それでも結果的には販促効果と共に「スキー人口増大」にも大きく寄与されており、悪いと計りは云えません。

まぁバブルに加え「POPEYE」「Hot-Dog PRESS」のマニュアル♂全盛期、あの御時勢だからこそ「アリ」だったのかも知れませんね。
何れにせよ、この時代に20代を迎えたバブル末期世代にとっては懐かしい事に変わりは無いのでして。

そんな訳でこのシリーズ、まだまだ続きます。

|

« ●続.スキーソング「懐旧録」 | Main | ●続々々.スキーソング「懐旧録」 »