« ●御阿礼「水入り」 | Main | ●五月晴れin「オクトーバー」 »

2012.05.16

●「五月、祭りのころいとをかし」

「斎王代発表」から御禊儀、歩射神事、賀茂競馬、御蔭祭…。
約一ヶ月の前儀を経て、本日は「葵祭」本祭でした。

「京都三大祭」なぞと云った謳い文句の為にその真義が曖昧になりがちですが、本来の立ち位置は「賀茂社.鴨社」の例祭にて由緒正しき勅祭。
「枕草子」「源氏」や「今昔」を始めとした古典にもその既述が伺えます。

と云う訳で、今年の「賀茂祭」。
15年振りの雨天に祟られ順延催行となりましたが本日は一転「五月晴れ」。
風薫る好天の中、神事恙無く執り行われた様子です。

20120516123414aoimatsuri葵祭絵巻、
晴天の都大路に輝く

京都三大祭りのトップを飾る葵祭が16日、京都市内で繰り広げられた。平安時代の高貴な装束をまとった511人の行列が都大路を優雅に進み、沿道では約1万9千人(午前11時、京都府警調べ)が華やかな王朝文化の雰囲気を楽しんだ。
葵祭は上賀茂神社(北区)と下鴨神社(左京区)の例祭。正式には「賀茂祭」だが、参加者がアオイの葉を身につけることから、この名で呼ばれる。起源は6世紀で、天皇が国の安泰や五穀豊穣を祈った故事にさかのぼる。今年は雨のため15年ぶりに行列「路頭の儀」が順延され、15日は両神社で「社頭の儀」が行われた。
さわやかな晴天の下、長さ約1キロの行列が午前10時半に京都御所(上京区)の建礼門前を出発した。本列(近衛使代列)はフジの花で彩った牛車を水干姿の子どもが引き、騎乗した近衛使代が威儀を正して進んだ。
後方から斎王代列(女人列)が続いた。優美な十二単に身を包み、腰輿に乗った斎王代が女官や童女を従えて近づくと、沿道の市民や観光客は清らかな美しさに見とれていた。
(文.写真共 京都新聞5/16
より)

20120516143319saioudai葵祭斎王代、
憧れの十二単で笑顔

前日の雨から一転して青空となった16日、葵祭の王朝装束の行列が、みずみずしい新緑に包まれた都大路をゆっくりと進んだ。鮮やかな衣装に身を包んだ女人列の中でも、十二単姿のヒロイン、斎王代を乗せた腰輿(およよ)が通ると、一層華やいだ。
「雨は残念でしたが、1日長く神様にご奉仕させていただけるのはうれしいことです」
午前9時40分、京都御所(京都市上京区)で十二単を着た第57代斎王代、亀井敦子さん(28)=左京区=が、晴れやかな表情で話した。御所では、父邦彦さん(59)、母暢子さん(53)が「精いっぱい、頑張って」と声を掛けた。
敦子さんは、斎王代に特別な思いを持っていた。葵小に通っていた頃、北大路通で何度も行列を見た。威儀を正した近衛使代、小袿の女嬬、馬にまたがった騎女…。中でも、斎王代はひときわ輝いて見えた。「平安絵巻のような行列の中の斎王さんを、すてきだと思っていました」。
4月、衣装合わせで、57年前に作られた十二単に初めて袖を通した。重さ十数キロ。一枚一枚重ねるうちに、責任の重さも実感した。
憧れが現実となった。視線を注がれる立場だ。「幼い頃の気持ちを思い出し、沿道の皆さんに心豊かになっていただけるよう心がけます」。垂髪を飾る、白い組紐を結んだ日蔭絲を薫風に揺らし、斎王代は笑顔で御所を出た。
(文.写真共 京都新聞5/16
より)

|

« ●御阿礼「水入り」 | Main | ●五月晴れin「オクトーバー」 »