« ●水無月の「をどり」 | Main | ●「ジュニアジャパン」観戦記 »

2012.06.16

●「お稚児さん」決まりました(其の弐)

祇園祭で「お稚児さん」と云えば。
大体の皆様は唯一の山鉾生稚児「長刀鉾稚児」を想像されると思いますが、実はあと二人のお稚児さんがおらっしゃいまする。

それは「久世駒形稚児」。
17日の山鉾巡行後に行われる「神幸祭」、翌週の「還幸祭」にて「中御座」を先導する大役を担われるお稚児さんです。
「正五位下少将」の長刀鉾稚児に対し、コチラは「素戔嗚尊.荒御魂」の化身。
云わば八坂さん祭神様の半側面だったりする訳で、ある意味長刀鉾のお稚児さんより「エライ」のです。

因みに八坂神社境内で下馬せず直接本殿に社参出来るのは、唯一駒形稚児だけ。

20120615222703gion_004久世駒形稚児決まる 祇園祭
祇園祭の神幸祭(7月17日)と還幸祭(同24日)で、馬に乗って神輿渡御を先導する「久世駒形稚児」が決まり、15日、京都市南区久世の綾戸国中神社が発表した。
今年は、神幸祭で南区久世上久世町の会社員山口豊さん(44)の長男匠君(7)=久世西小1年=、還幸祭は同上久世町の消防士小西立紘さん(27)の長男凌雅君(8)=同小2年=が務める。
2人とも父に続いて大役を担う。山口君は「選ばれてうれしいです」、小西君は「馬から落ちないように頑張ります」と話し、それぞれ「ぶじおちごさんができますように」と絵馬に書いた。
久世駒形稚児は、八坂神社とゆかりの深い綾戸国中神社の氏子の家から選ばれる。馬の頭の形をした彫刻「駒形」を身につけて神輿を先導する。

|

« ●水無月の「をどり」 | Main | ●「ジュニアジャパン」観戦記 »