« ●花言葉は「移り気な恋」 | Main | ●内陸スキーヤー »

2012.06.23

●養子縁組

本日は祇園祭最初の前儀「結納の儀」。
この古式神事により、お稚児さんは長刀鉾へ養子に出されます。
本番に向けて「やんごとなき」途への第一歩と云った所処でしょうか。

因みに数ある祇園祭神事の中で、日付が固定されてないのは「結納の儀」のみ。
そりゃ「結納」な訳ですから、お日取りは六月「吉日」なものでして。

20120623124201chigo0_002稚児大役の覚悟 厳粛に 
祇園祭 長刀鉾・結納の儀

祇園祭の長刀鉾(京都市下京区四条通烏丸東入ル)が、今年の稚児を町内に迎える「結納の儀」が23日、同区内で行われ、稚児と禿の親が大役を引き受ける決意を長刀鉾保存会の役員に伝えた。
稚児福井正賢君(10)は木津川市在住のため、本籍地でもあり、祖父の営む会社が店を構える下京区四条富小路のビル内の一室を稚児宅とした。床の間に表具を新調した「祇園牛頭天皇」の軸を掛け、神饌を供えた。
八坂神社の神職による清祓の後、結納の儀が始まった。稚児と禿の両親や親族と、保存会役員が向かい合って座り、西村利男代表理事(62)が「いく久しくお納め下さい」と結納の品を渡すと、稚児の父親の福井正興さん(40)が「大役を無事に務められますよう精進して参る覚悟です」と返礼した。
(文.写真共 京都新聞6/23
より)

|

« ●花言葉は「移り気な恋」 | Main | ●内陸スキーヤー »