« ●半年砌に「足元の手入れ」 | Main | ●「巡行順」決まりました »

2012.07.01

●「祇園祭」はじまりました

扨、月替わり「七月朔日」。
と云う事は即ち「祇園さん」の開祭、愈々「ミヤコの夏」の始まりです。

そんな訳で本日から各山鉾町では「吉符入り」。
お稚児さんも仕事初め、八坂神社へ「お千度の儀」に詣でられました。

今日より数多の前儀祭礼を経て、「宵山」「山鉾巡行」「神幸祭」「還幸祭」…。
更には後儀祭礼から「夏越祓」へと至る、長くも短い一ヶ月の幕開けです。

因みに私め、此処数年の七月は「隔年帰京」。
今年の宵山はあづまの地で迎える事になりそうです。

20120701213609sendo
涼やか稚児、無事祈る 祇園祭・お千度の儀
京の夏を彩る祇園祭が1日、幕開けした。京都市東山区の八坂神社では、祇園祭の長刀鉾(下京区)の稚児や保存会役員が祭りの無事を祈願する「お千度の儀」が営まれ、多くの山鉾町で神事始めの吉符入りがあった。
雨の中、振り袖とはかまの「涼み衣装」をまとった稚児の福井正賢君(10)が、禿の安藤健之助君(8)と福井正道君(8)と南楼門から境内に入った。
本殿の神事で稚児を務めることを報告した後、保存会役員たちと本殿の周りを歩いて3周した。稚児の福井君は父親と祖父に手を引かれて傘の下を進み、正面で手を合わせて決意を新たにしていた。
(文.写真共 京都新聞7
/1より)

|

« ●半年砌に「足元の手入れ」 | Main | ●「巡行順」決まりました »