« ●葉月葉日 | Main | ●鎮守の「森」にて古書の「海」 »

2012.08.11

●何故か盛夏の秩父宮

今夜の帝都は東京湾で花火大会。
新橋やお台場のビュースポットはさぞかし見物客で賑わった事でしょう。

そんな訳で花火繋がり、私めも昨日は神宮外苑で「夏夜花」を愛でて参りました。

120810_171206

120810_171151
【写真上】バックスタンドより。
スコアボード側と伊藤忠ビル側を二写。
両サイドにはイベント用の仮設ステージに照明機材、グランドは一面芝養生のパテーション敷き。
ラグビー観戦で何時も慣れ親しんでいる競技場風景とは、様相が一変しております。

120810_175203
【写真上】ピッチ内(アリーナ)風景。
この日の客入りは「アリーナ/ほぼ満席」「メインスタンド/2~3割」「バックスタンド/7~8割」といった按配でした。
秋から冬にかけて足繁く通うこの「秩父宮」、よく考えてみればラグビー観戦以外で訪れたのは今回が初めての事です。

因みに今年の「花火大会IN秩父宮」、 前座のコンサートは「48」系アイドルに加え「韓」的な人々一色。
その辺の芸能事情に疎い私めと致しましては、「何が何やら」チンプンカンプンで御座いました。
まぁ花火はそれなりに綺麗なものでしたがね。

そんな感じにて、擱筆。

|

« ●葉月葉日 | Main | ●鎮守の「森」にて古書の「海」 »