« ●「LANGE」再び | Main | ●華絵巻「上方絵巻」 »

2012.10.10

●華づくし「菊づくし」

ミヤコ「秋のをどり」も第二弾、一昨日より北野では「寿会」が開幕しております。

「春のをどり」に較べ秋の舞踊会は、何れも期間が五日前後と短め。
祇園東以外は伎芸発表会の趣が強く、御来賓もその筋の方が多いのが特色です。
因みに明日からは宮川町で「みずゑ會」開幕です。

201210088190911n芸舞妓妖艶な踊り 
上七軒で寿会開幕
花街・上七軒の秋の舞踊公演「寿会」が8日、上京区の上七軒歌舞練場で始まった。7日の前夜祭では、芸舞妓のあでやかな踊りに、招待客約350人が酔いしれた。
63回目の今年は、舞妓7人が扇や菊の花飾りを手に踊る「菊づくし」で幕を開け、ススキの穂が揺れる舞台を背景に、芸妓3人が秋の風情をしっとりと演じる「秋を描く」など計5演目を披露。一部せりふの入った舞踊劇風の演目もある。
前夜祭を鑑賞した下京区の広告業、森本さきよさん(49)は「上品で華やか。一足早く紅葉狩りしたような気分です」と話していた。12日まで。毎日午後4時開演。入場料7000円。
問い合わせは上七軒歌舞会(075・461・0148)へ。
(文.写真共 読売新聞10/9
より)

|

« ●「LANGE」再び | Main | ●華絵巻「上方絵巻」 »