« ●来夏の心配事 | Main | ●華づくし「菊づくし」 »

2012.10.09

●「LANGE」再び

先日、白ヤギさんからメール有り。

「小キズのある展示品(未使用)だけど、スキーブーツ要らない?」

メールの送り主は旧知のスキーショップ。
ソコソコ長い付き合いなものですから、私めの「足寸」「足型」「ブーツ遍歴」等々全て存知の上でのオファー。
果たして「物欲」、否々「琴線」に触れるアイテムを「魅惑的」な価格で販促してきたので御座います。

「少し考えるから、返事チョッと待って」

と返信したのは良いものの、黒ヤギさんの腹は「九分九厘」決まってしまってます。
そんな訳で本日、その商品が手元に届きました…(うーむ)

Ono2012093002_1・LANGE RS110 S.C (2011/12 25.5㎝)
私め、実は来季にニューブーツ購入予定だったので今オフは徹底的に事前調査。
カスタムフェアやショップ受注会で各メーカーの靴を散々履き散らかしておりました。
そんな中でのベストフィーリングだったのがコヤツ「RS110」と「同.RS120」なので御座います。

しかも過去ログにある様、今冬からの愛機はディナの「SPEED GROOVE DEMO」。
果たして「ドンピシャ」のセレクトなのでして。
.

今更云う迄も無く、全体的なホールド感と足裏感覚は流石の安心規格。
「新テク満載」のアトミックやサロモンに較べるとオーソドックスな作り、ややタイト目なラッピング感も個人的に好みです。

この「RS110S.C」、「120」に較べると踏み込んだ後の返りが鈍く、「遅れて緩い」感じのレスポンス。
正直「シェルの粘り」と云う点では見劣りします。
しかし軽量スキーヤー(57.5㎏)の私めにとって、「120」は扱いにやや不安有り。
店内試履で「丁度イイ按配」のフレックスだったので、ハイシーズンの低温ゲレンデでは少し硬めに感じてしまいそうです。
フレックスアジャスターが2ビス有りますが、あくまで保険的なもの。
「理想の性能」と「現実(体重)」を天秤にかけて「110」でも良いかな、と。

因みにこの「LANGE RS」、2011/12モデルと2012/13モデルの違いなのですが…。
「コスメ(微変)以外、何も有りません」
シェルの金型からインナー、各テクノロジーに至る迄、全くの同一。
(WORLD CUP RPラインナップは、インナー爪先部にブラッシュアップがあるらしく)
従い11/12モデルの方が「安い分お得なのです。

そんな訳で今季からの「better half」は四年振りに履く「ラング」なのでした。

|

« ●来夏の心配事 | Main | ●華づくし「菊づくし」 »