« ●「小江戸川越マラソン」速報 | Main | ●「小江戸川越マラソン」後記 »

2012.11.25

●「小江戸川越マラソン 2012」

Koedo_marathonえー、本日は早朝5:40起床。
チャリンコ片手に西武新宿線で「本川越」に向かいました。
今年で三年連続のエントリー、「小江戸川越マラソン.2012」に参加する為で御座います。

1
【写真上】水上公園前の農道より見る富士山。
本川越よりは輪行した愛機で、アップがてらのポタリング。
今朝の川越は8時頃で気温5℃、風も湿度も無く「絶好のマラソン日和」です。
晩秋らしい肌刺す冷え込みも、爽やかな淡青空と清澄な空気。
お陰で走る前から「縁起の良い」ものが観られました。

2_2

3_5
【写真上】水上公園.会場風景二写。
一昨年の初開催こそ「トイレ数の不足」「誘導案内の不備」等、運営問題が指摘されていましたが、昨年からは殆どの不具合も解消。
会場規模も大きく、受付ブース周辺の動線もスムーズです。
その辺りの反省点を生かす柔軟性は、観光地だけあって流石。
元々ホスピタリティは確りとしており、年々良い大会になって行きそうです。

4_2
【写真上】同.アフター飲み屋 飲食店ブース。
勿論「餃子の満州」さんも出店されておりました。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

私めにとりましてこの大会は今秋の「ターゲットレース」。
前回の諏訪湖ではタナボタでPB更新致しましたが、今日は鼻っから自己ベスト(1:25:43)しか狙っておりません。
取敢えず目処となるのは昨年の同大会のスプリット、大まかなラップ推移は頭の中に叩き込み、去年の自分との戦いです。
(2011/3㎞スプリット)11:30/23:21/35:18/47:35/1:00:02/1:12:41/1:25:52
因みにペース配分の胸算用は、
最初の5㎞は後先考えず「突っ込んで」、㎞/3:45ペース、
中盤以降は㎞/3:55前後で、行ける所処迄「押して押して」、
終盤は「粘れるだけ粘る」青写真です。

そんな訳でハーフの部は8:55にスタート。
スタートから市街中心地迄は予定通りオーバーペース目の入り、その後ややスピード調整し㎞/3:55前後で折り返し.平塚橋を通過します。。
流石にこの直後からラップが㎞/4分強に落ちてきましたが、鯨井中前で気合と根性を貰い再度ペースアップ。
15㎞地点で58:43、昨年比▲1:19の貯金で「22~23分台」も視野に入ってきました。
しかし19㎞過ぎの地点で、遂に脹脛が限界値。
最後のスパートエリアで已む無く減速しつつのフィニッシュとなりました。

結果は「狙い通り」のPB更新、しかも前記録を2分以上短縮するスピードスコア。
いゃあ、本当に嬉しいゴールインでした。
因みにリザルトは以下の通りです。
  ・タイム(ネット)1:23:42(3:58/㎞)  (グロス) 1:23:45
  ・種目別(40代男子) 27(位)/1188(人)
  ・総合(ハーフ男子全般) 104(位)/4481(人)
 (3㎞スプリット)11:29/23:09/34:50/46:46/58:43/1:10:54/ 1:23:42

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

兎に角この「小江戸川越マラソン」はコース取りが秀逸。
私め存知の限り最もタイムの出し易い大会です。
「広すぎず狭すぎずスピード感のある道幅」「折り返し地点迄続く目視出来ない程度の下り」「全体的に緩やかな高低差」、加えて「二度の折り返し」も距離の目算が付き易く良い感じです。
「川越市の古い町並み」と「郊外バイパス」「秋枯れの田園地帯」を交互に取った往路復路も、メリハリが利いた特色豊かなもの。
他大会でこの時計を出せるかと云ったら…、正直無理でしょう。

そして一昨年.昨年同様、沿道の応援は特筆すべきもの。
運営スタッフ.ボランティアさんに加え、小旗を振る地域住民の方々の多い事。
特に14㎞過ぎの鯨井中では生徒さんの大声援と吹奏楽演奏(涙腺が緩む…)。
「これだけ応援されたら、走らないとしょーがない」って位、ランを後押ししてもらい本当に有難かったです。

5
【写真上】会場を後にする際、スタートゲートにて一写。
此処を走り抜けたのは二時間前、なのに何だかエラい遠い時間に感じるもので。

と、以上こんな所処にて。
続篇は亦明日にでも。

|

« ●「小江戸川越マラソン」速報 | Main | ●「小江戸川越マラソン」後記 »