« ●「諏訪湖マラソン」拾遺集 | Main | ●初冬遊山「八方尾根」 »

2012.11.06

●晩秋遊山「八方尾根」

えー、先日は諏訪湖マラソン遠征を兼ねての「信州行楽」後日談に成増。
初日11月2日、先ず向かった先は白馬「八方尾根」。
スキーシーズンには数多滑りに来ている(と云うか、一時期住んでおりました…)同地ではありますが、冬季以外に訪れるのは今回が初めての事。

そんな訳で文字通りの物見「遊山」、聖地巡礼記.その①で御座います。

Pb020104
【写真上】白馬岳線(長野県道322号)より眺む八方尾根。
何と、リーゼン一段目から兎平上部にかけて、すっかり白化粧しておりました。
ゴンドラのインフォで知ったのですが、兎平は前夜から「初雪」との事。
うーん、「ラッキー」なのか「アンラッキー」なのか…。

【動画上】ゴンドラ「アダム」より。
「ギ…ギギギ.ギギ…」
この鈍い索道音、スキーヤーなら心躍る音ですね。

3
【写真上】ゴンドラ乗車、紅葉風景その一。
眼下の斜面はセントラルコース~白樺ゲレンデ。

2
【写真上】紅葉風景その二。
八方だけに「四方八方」一面、秋山の彩りでした。
バンザーイ、バンザーイ。

1
【写真上】紅葉風景その三。
八方山麓は丁度「紅葉真っ盛り」。
但しゴンドラの秋季営業はこの日の翌々日、11/5(日)にて終了でした。
勿体無い様な気も致しますが、時期的にはそろそろリフトの架け替え時期。
加えて「山風」「降雪」に由る安全面からも仕方無いでしょう。

10
【写真上】兎平にて一写。
「ゴンドラを降りるとそこは雪国だった。山の底が白くなった。」
8分間の空中散歩を終えると季節は「晩秋」から「初冬」へと一変、辺りでは粉雪が舞っておりました。
この日の白馬は山麓で最高気温7.8℃、最低気温-0.3℃。
市街の標高が約700m.兎平が約1400mですから、この時点(12時過ぎ)で零度近くになっています。

11
【写真上】「白樺ゲレンデ」と「サンテラスぱのらま」一写。
リーゼンと同様、上段には数センチの積雪。

10_2
【写真上】アルペンクワッドリフトより、再度兎平ゲレンデ一写。
109の向こうには、白馬村が一望出来ます。

尚、当たり前ですが兎平の斜面は写真の様に平面。
名物コブは滑走溝と非整地に由るもので、地面が凸凹してる訳ではありません。
一応念の為。

12
【写真上】「黒菱ゲレンデ」一写。
兎平も黒菱も、雪が積もってない方が急斜度に見えます。
矢張り積雪が多くなると、多少は傾斜も緩くなるのでしょうね。
右上「カフェテリア黒菱」の背後にはスカイラインコース、北尾根だけあって此方の方が雪量多めでした。

13
【写真上】兎.黒菱上部、レストランピラールより眺むリーゼングラードコース。
因みに此処で標高約1680m、109辺りに較べ更に寒さ増して参ります。
ヒィー((゚Д゚)) ガタガタ ブルブル…

しかもこの日は折からの降雪と強風の為、グラードクワッドは運転休止。
此処で折り返し下山するのも面白く無いもので、取敢えず「第3ケルン~八方池山荘」迄、自然路を登る事と致しました。
以下つづく。

|

« ●「諏訪湖マラソン」拾遺集 | Main | ●初冬遊山「八方尾根」 »