« ●晩秋の白馬へ | Main | ●信州遠征.初日夜の部 »

2012.11.02

●「紅葉&冠雪」八方尾根

えー、金曜日は信州遠征初日。
あずさ3号にて早朝新宿を発ち、向かった先は晩秋の「八方尾根」。
文字通りの物見「遊山」で御座います。

そんな訳で「取敢えず」の簡易スナップ集に成増。

Pb020101
【写真上】ゴンドラ乗り場.二景。
スキーシーズンには数知れず訪れている八方尾根、実は冬季以外に足を運ぶのは今回が初めての事です。
因みにこの日も当然の様に輪行、白馬駅からは愛機を扱いで参りました。

1a

2a

04a
【写真上】ゴンドラ「アダム」より三写。
ベースより兎平迄約8分のゴンドラ乗車、丁度最盛の八方尾根紅葉を眺めながらの空中散歩で御座います。

Pb020030a
【写真上】ゴンドラ下車、兎平ゲレンデを眺む。
109に着くと山頂からリーゼン上部はすっかりと白化粧。
彩り鮮やかな紅葉風景から一変、白銀の光景が拡がっていました。
兎平は昨夜「初雪」との事、シーズンインと見間違う計りの山姿です。
「嗚呼、早く滑りたい…」。

Pb020052a
【写真上】アルペンクワッドを乗り継ぎ、黒菱平起点に到着。
眼前のゲレンデはリーゼングラード、この辺り迄登ると気温も零度近くになり「冬本番」の肌寒さです。

Pb020037
【写真上】アルペンクワッドから八方池山荘迄の登山道。
この辺りで積雪量は5~15㎝、気温は真冬並みでした。
軽装備トレッキングでは、既に行程危うくなっています。

Pb020048a

Pb020039
【写真上.下】八方池山荘より山頂に向かう登山道。
「泥雪」「新雪」「氷雪」混在する足場に、横殴りの強風と氷点下近い低温。
11月初旬にも関わらず、山の顔は「冬山」のそれ。
この日は何ら登山装備をしてこなかったので、八方池はおろか石神井ケルン迄辿り着く事も出来ずに引き返しました。

Pb020098

Pb020099
【写真上.下】白樺ゲレンデ上部より二写。
トレッキングを志し半ばで打ち切ったので、余った時間はゲレンデをうろうろ。
ゴンドラ下山後も白樺ゲレンデを「坂登り」、白馬山景を楽しんだのでした。

Pb020115a
【写真上】白馬駅東方、蕨平橋より望む八方尾根遠景。
山麓から中腹迄の「紅葉」、上部の「雪景色」、山頂の青空に棚引く「乱層雲」。
秋と冬の風趣を一括りにした様な景色です。

と、取敢えずは急ぎ取り纏めこんな感じにて。
詳細リポは亦後日にでも。

|

« ●晩秋の白馬へ | Main | ●信州遠征.初日夜の部 »