« ●「ベスト15」&「ベスト22」 | Main | ●2012/13「十五滑目.石打丸山」 »

2013.01.31

●「赤プリ」遺影集

ついこの前迄「迎春気分」に呆けていたと思いきや、気付けば睦月も晦日。
後十数時間で2013年も「1/12」が終わろうとしております。
諺では無いですが、瞬く間に一月は「行って」しまいました。

所処で「年代わり」新年に入っても弊ブログは順調に更新中。
しかし御存知の通り、その内容はと申しますと…。
「スキー」「スキー」「スキー」、たまに「ミヤコ」「ラグビー」、で「スキー」「スキー」…。
毎冬の御約束とは云え、見事な迄のワンパターン。
「お前はスキーの話しか出来んのか !! (# ゚Д゚) ゴラァ、とお叱りを受けそうです。

そんな訳で本日は、久し振りにフツーの時事話。
嘗て家から徒歩5分の御近所、「赤プリさん」の現状報告&昔話になりまする。

10

1
【写真上.下】2013.1/30。
神保町へ向かう途次に立ち寄った、昨日の赤プリ新館。
2011年3月末の閉館後、暫くその外観を止めていた赤プリでしたが、昨年6月より本格的な解体工事が始まりました。
巷で話題なのがその新工法「テコレップシステム」、請負は大成建設さん。
上部の「でっぱり」部が解体中のフロア、最上階を残してどんどん下がって(縮んで)いくらしいのですが、その辺の解説はウィキさんででも調べて下さい。
解体作業は今年5月頃迄との事(予定)。

2
【写真上】2012.12/31。
大晦日、帰京途中赤坂に立ち寄った際の一枚。
約一ヶ月前の写真ですが今日のものと較べて見ると…、確かに縮んでます。

3
【写真上】2012.4/11。
昨春の桜節、赤プリと堀岸の桜を一写。
この風景、今年からはもう見られないのですね。

4
【写真上】2011.3/13。
閉館半月前の赤プリ、正面入口前より一写。

5
【写真上】同.3/13、新館(凸面)と旧館。
昔のご近所さんの縁もあり営業最終月に一泊したのですが、その宿泊予約日があの「大震災」の二日後。
キャンセルするか泊まるか、結構迷ったのを思い出します。
当日ログは下記にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2011/03/post-51c9.html

110318_022
【写真上】同.3/13、部屋より旧館を眺む。
この旧李王家邸、当初は現状保存されると云う話だったのですが、結局は移築して活用されるとの事らしいです。
さぁ、「誰」が引き受け「何処」に移され「「何」に使われるのやら…。

7101224
【写真上】2010.12/24、最後の「赤プリツリー」。
晩秋から師走にかけての赤坂「風物詩」。
この風景も、もう「昔話」となってしまいましたね…。
当日ログは下記にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2010/12/post-9273.html

9091108_003_2
【写真上】2009.11/9、ホテル入口より見上げる「赤プリツリー」。
赤坂の酒販メーカーと云えば当然「サントリー」さんなんですが、リボンに入っているロゴは「キリン」さんだったり致します。
当日ログは下記にて。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2009/11/post-abbf.html

8081113_006_2
【写真上】2008.11/13、4年前の「赤プリツリー」。
そー云えばこの「クリスマスイルミネーション」、11月初旬からやってました。
昔のデジカメなので、画像がイマイチです。

11
【写真上】2012.12/30。
再び昨日の写真、弁慶堀に投影する赤プリ。
風に揺らめく水面の建物姿が、もう直ぐ消えてしまう赤プリとだぶってしまい、妙に儚げでした。

以上、こんな感じの「赤坂プリンスホテル」改め「グランドプリンス赤坂」写真集。
自宅の直ぐ近くだった所為か残っていた写真は少なく、主だったものはツリーイルミネーション位しかありませんでした。
こんな事なら「春夏秋冬」もっと収めておくべきだった、と後悔の念。

せめて「最後のジャッキ」が下がる時には、亦伺おうと思っています。

|

« ●「ベスト15」&「ベスト22」 | Main | ●2012/13「十五滑目.石打丸山」 »