« ●「大堰」にて「加茂」にて | Main | ●2012/13「九滑目.石打丸山」 »

2013.01.10

●新春「笹の葉さらさら」

「商~売繁盛 笹も~ってこい」
「お笹に吉兆つけましょか~ つけた吉兆福の神~」


と云う訳でミヤコでは8日より「ゑびっさん」。
「祇園町の女将さん」も「先斗町の板前さん」も「木屋町の店長さん」も「宮川町の旦那さん」も「河原町の社長さん」も「寺町の商人さん」も…、この日計りは神頼み。
洛東「商売繁盛」の大祭で御座います。

9日と10日は夜通し開門で「宵ゑびす」「十日ゑびす」、境内は例に由って「大混雑」「大繁盛」の事でしょう。
因みに11日は残り福祭、「余慶の福」を求めて参詣される方も多いものでして。

そんな訳で、市井の「新春気分」も明日迄にて。 

201301092228380109yoiebisu経済再生 ササえて 
東山・宵えびす
 
福求め参拝者でにぎわう今年1年の商売繁盛や家運隆昌を祈る初えびすの宵えびすが9日、京都市東山区の京都ゑびす神社であり、新春に福を求める参拝者でにぎわった。
福の神の「えべっさん」が生まれた1月10日に福をあやかる庶民の祭りとして、毎年正月の8~12日に行われる。
この日は昼前から多くの参拝者が訪れ、神前で手を合わせたり、神様に願いが届けとばかりに本殿横の板を「ドンドン」とたたいてお参りした。また、打ち出の小槌(づち)や米俵、タイの形をした飾り物を福笹(ざさ)に飾って持ち帰り、商売繁盛を祈った。
10日は「十日えびす大祭」がある。11日午後2時と同8時からの各2時間は、福笹を受けた人に舞妓が福餅を授与する。11日まで夜通し開門、最終日の12日は午前9時から午後10時まで。
(文.写真共 京都新聞1/9
り)

|

« ●「大堰」にて「加茂」にて | Main | ●2012/13「九滑目.石打丸山」 »