« ●2012/13「二十六滑目. 八方尾根」 | Main | ●雪上被弾 »

2013.03.05

●2012/13「二十七滑目. 八方尾根」

えー、第三次白馬遠征三日目。
今日のゲレンデも昨日に引き続き八方尾根。
そんな訳での滑走リポで御座います。

本日も昨日同様、晴天に恵まれた白馬地方ですが…。
正直「天気良過ぎ」のバッドコンディション。
リーゼンは9時を待たずに下部からザラメ雪化、白樺.名木山.セントラルも三月末さながらのグサグサ状態でした。
従い朝イチリーゼンは早々に切り上げ、たてっこをメインに流した後は黒菱平&スカイラインに移動。
共に氷玉が一面に転がるバーンでしたが、雪締まりは良い方でした。

そして13時からは愈々「コブ解禁」。
初日.二日目は疲労の蓄積具合を考え凸凹控え目にしていましたが、残り一日半ですからもう遠慮無し。
黒菱.菟平に張り付く事約2時間、予定通り体力絞り切り残存燃料はエンプティです。
この日は菟よりも黒菱の方が縦長.溝浅で攻め易いライン、逆に菟のコブはエグれ深め、「すくすく」と成長しておりました。
最後はパノラマ回しで16:40、今日も終了となりました。

只、明日の天気も晴れの予報。
ぼちぼち寒波に来てもらわないと、ゲレンデの悪化が加速度付いて進んで行きそうです…。

-・-・-・-・-・-・ 以下↓加筆補正分(3/14)に成増。-・-・-・-・-・-・

034
【写真上】グラードクワッドより、横顔五竜岳。
この日は早い時間こそ曇り空も、正午以降は昨日に負けず劣らずの快晴。
北アルプスの絶景眺望が360℃に見渡せました。

6
【写真上】第一ケルンにて、白馬三山一写。
人の映っていない「記念写真」も中々と宜しく。

042
【写真上】同.第一ケルンより、妙高連峰を眺む。
手前は岩岳スキー場の裏面ゲレンデ、「岩岳リゾート(死語)」。
バブルの頃、あのエリアは「会員制(これも死語)ゲレンデ」だったって、覚えている人いますかねぇ…?。

7
【写真上】ブル道より、黒菱ゲレンデ一写。
この日の午後はひたすら「黒菱」「兎」、やっぱりコブは楽しい♪。
因みに角度的には上の写真と一緒なのですが、標高が150m下るだけで大分雰囲気が違って見えるものです。

3_3
【写真上】午後過ぎ、リーゼンクワッドにて「自分撮り」。
しかし三月月初と云うのに、「この陽射し」「この投影具合の濃さ」。
本当に四月並の「晴れっ振り」でした。

あー、あともう一回位は遠征したいなぁ…。

|

« ●2012/13「二十六滑目. 八方尾根」 | Main | ●雪上被弾 »