« ●2012/13「二十五滑目. 五竜&47 」 | Main | ●2012/13「二十七滑目. 八方尾根」 »

2013.03.04

●2012/13「二十六滑目. 八方尾根」

えー、第三次白馬遠征二日目。
本日は八方尾根で滑って参りました。
そんな訳での「聖地」ゲレンデリポで御座います。 

今日の白馬は朝からピーカン、一日中冬晴れの好天に恵まれました。
最初の一時間はお決まり「朝イチリーゼン」。
スタート時こそややアイシーなバーンコンディションでしたが、それでもエッジの噛み具合は上々です。
天気の影響で正午前には下部コースから緩んでくるも、菟平より上部とパノラマ〜急パノは終日ハードバーンの壗。

と云う訳で今日の「当たり」はオリンピックコース2。
硬氷雪が幸いして、バーンの荒れも殆どありません。
結局14時以降の大半は「パノラマ」&「たてっこ」回し。
不図気付けば17:00近くになっていたのでした。

取敢えずえずはこんな所処にて。
遠征終了後、改めて写真のアップと加筆補正致しまする。


-・-・-・-・-・-・ 以下↓加筆補正分(3/14)に成増。-・-・-・-・-・-・

1
【写真上】朝イチアダムにて登頂。
脳内で∞リピート中のBGMは、Pet Shop Boys「Go West」。
ゴンドラ乗車中に湧き上がって来るこの高揚感、何時もながらタマリマセン。
今日も「ガッツリ」、行って来ま~す。

2
【写真上】朝イチリーゼン。
8:00~9:00間の「至福の60分」、スタートです。
この後カメラは、ウェアのポケット奥に仕舞い切り。

5
【写真上】109前より、兎平一写。
大会か何かがあったのか、珍しく中央でセパレートされています。
右手のコブは凸凹深めのストレートライン、左手のコブは溝浅長のバンクライン。
この日は数本滑っただけですが、雪も程々に緩み攻め易いコンディションでした。

070
【写真上】午後3時のセントラルコース。
バーンは荒化、しかも日陰になって緩んだ雪が硬化し始めるのがこの時間帯。
日中とは一変、厄介なコースへと変わって行きます。

071
【写真上】営業終了間近の国際ペアより、パノラマコース一写。
最後の1時間半は、何時も通りパノラマで〆。
気付けば16:40、今日も@云う間に終わってしまいました…。

4
【写真上】おまけ一写、設営作業に追われる「赤い人々」。
今週末はリーゼンスラローム大会、来週からは技術選。
八方イントラにとって、三月初中旬は最も多忙(重労働)な時期で御座います。
写真はリーゼン大会用の防護ネット張設風景、リーゼンスラロームコース全域に亘って「左右」「二重」に設置されます。

そしてこの写真、中央には滅多に見られない「黒ウェア」の姿が。
私めもその正体は不存知ですが、「教育本部」絡みのブロック技術員か何かエライ人なのは間違い無いらしく。
但し発見したからと云って、「願い事が叶う」とかの御利益はありません。

|

« ●2012/13「二十五滑目. 五竜&47 」 | Main | ●2012/13「二十七滑目. 八方尾根」 »