« ●続.「赤プリ」遺影集 | Main | ●今日から »

2013.03.25

●「国立劇場」から「千鳥ヶ淵」へ

えー、昨日はお昼前よりトーキョー都心「桜検分」。
弁慶濠の赤プリ桜を愛でた後は、上智大学裏の真田堀を経由して皇居方面へ。
「てくてく」約二時間程、ほっつき歩いて参りました。

と云う訳での「2013.帝都観桜行脚」その二。
国立劇場~半蔵濠~千鳥ヶ淵、花見散策記で御座います。

P3240009
【写真上】国立劇場にて、駿河桜一写。
皇居を目前にして国立劇場へ寄り道、まぁコレを観に来た様なものです。
可憐な中に派手やかさもあり、個人的に結構好きな桜だったり致します。

P3240010
【写真上】同.駿河桜近景。
山桜群.園芸品種、数厘づつ錐状に固まって開花します。
花片は然程大きくないのですが、房咲きするので見栄えのする桜花。
純白の花弁にほんのり薄紅を差す花芯、新緑の若葉の色合いが美しく。

P3240011
【写真上】半蔵門.皇宮警察詰所横の土手一写。
「土筆の子が恥かしげに顔を出します~♪」
と云う訳で、文字通り「筆頭菜」が辺り一面に頭を出しておりました。
「春の標」だけあって、差し詰め「みをつくし」なんて。

P3240015
【写真上】千鳥ヶ淵公園にて、枝伸するソメイヨシノ。
碧淵の濠面に淡桃色の桜花が良く映えます。
そしてこの構図、何より宜しいのは「人の姿が全く入らない」事でして。

P3240023
【写真上】半蔵濠北詰にて一写。
「内堀の深い傾斜」「俯首する桜樹群」「遠景には国会議事堂と高層ビル」。
千鳥ヶ淵公園でも一二を争うビューポイントです。

P3240026
【写真上】千鳥ケ淵濠南側、土手沿いの散歩道より。
内濠の水面に向かって枝垂れるソメイヨシノの咲きっ振りに加えて、お堀に架かるは「首都高」、遠景には「ビル群」。
帝都奈良出羽の観桜風情です。

P3240024
【写真上】同.パノラマ一写。
この周辺からの景色は、私め「あづまの観桜風景」のベストスポット。
「桜の名所」なんてものは、その土地土地の個性に即した「独自」の風情が宜しいもので、この見晴らしは間違い無く「帝都オリジナル」な訳です。
トーキョーはトーキョー、如何転んだって「古都の寺社」や「山峡の幽景地」にはなれないのですから。

尚、この後は「北ノ丸公園」を経して「靖国神社」へ向かう筈、でしたが…。
昨日は運悪く、日本武道館で法政大学の卒業式。
周辺雑踏甚だしく、余りの人混みで面倒臭くなり切り上げる事と致しました。

と、こんな感じの「帝都観桜行脚」、2013年版。
まぁ毎年同じ場所に来ているものですから、「写真は年々淡白に」「コメントも殆ど同じ」になってきております。
そんな訳で「来春の桜狩りは別の場所に行こうかしら…」。
と、もう12ヶ月後の事を考え始めているのでした。

~・~ 追記 ~・~
えー、今回エントリーで弊ブログも「2500ログ」目。
当初は手慰みに始めた二次元日誌も、6年2ヶ月(2245日)が経過致しました。
で、この更新数ですから、意外と「良くやってる」方かと。
と云う次第ですので、引き続き「テケトー」御愛顧の程を。

|

« ●続.「赤プリ」遺影集 | Main | ●今日から »