« ●「戸隠ヤマコレ集」戸隠連峰篇 | Main | ●「宝台樹」滑走後記 »

2013.03.20

●2012/13.「三十滑目.水上宝台樹」

えー、本日も怪我を押しての雪山行脚。
「3.6」雪上クラッシュ後、復帰第二滑目で御座います。

と申しましても矢張り「顔面破砕」中の身。
目一杯の滑りはチト不安があるものでして、程良い中斜構成のスキー場を選ぶ事と致しました。
そんな訳で向かったゲレンデは水上.沼田エリアの穴場、「水上宝台樹」です。

P3200051
【写真上】山麓ベースより、スキー場全容を眺む。
今日の天気は総じて曇り空も、昼前後には薄日が射し、視界は終日クリア。
予報では「曇りのち雨」でしたので、良く持ってくれた方です。

P3200005
【写真上】第8ゲレンデ上部より、山麓一写。

P3200015
【写真上】ファミリーゲレンデ上部より、谷川連峰の眺望。
手前は高時山.布引山、奥には左から谷川岳.笠ヶ岳.朝日岳。

P3200037
【写真上】山頂より、一ノ倉岳(1974m).谷川岳を(1977m)望む。
晴れていれば、もっと綺麗な稜線が見られたのですが…。

P3200013
【写真上】第8クワッドより左手一写。
宝台樹山(1153m)尾根北より展開される「イーグル」「第4西」「ダウンヒル」の各コース、なのですが…。
この日最大の誤算は、これ等へ唯一のアクセスリフト、「第7ペアの運休」。
上記に加「パノラマ」「スラローム」コースも使えず、中上級ゲレンデの半分が滑走不可状態でした。
嗚呼、これなら岩鞍か丸沼にしとけば良かった…。

P3200016
【写真上】第10コース。
入りから途中迄は程好い斜度も、中盤以降は緩斜の廊下コース。

P3200030
【写真上】成平コース。
コース幅の狭い馬の背コースも、斜度的には然程難しく無い快適ロングコース。

P3200041
【写真上】第9コース。
やや片下がりの急斜面、上中部は面白いのですが下部が単調。

と、仕方無いのでこの日は「第9クワッド」からの上掲3コース回し。
と云うか、それしか選択肢がありません。
バーン状況は流石にグサ雪も、山頂部コンディションは時期を考えればまずまず。
板も結構走ってくれました。

P3200053
【写真上】白樺コース。
「離れ小島」の如く、スキー場西側に単立する最下部のゲレンデ。
こちらはブッシュの露出も激しく、もうクローズ寸前のコンディション。

と、取敢えずはこんな感じにて。
実は私め、宝台樹を訪れたのは彼是7年振りの事でした。
そんな訳で雑感.インプレ等は改めて続篇に記したいと思います。
続く。

|

« ●「戸隠ヤマコレ集」戸隠連峰篇 | Main | ●「宝台樹」滑走後記 »