« ●2012/13.「三十一滑目.苗場」 | Main | ●「国立劇場」から「千鳥ヶ淵」へ »

2013.03.24

●続.「赤プリ」遺影集

今週末のトーキョー都心は「桜節」の頃。
記録的な早さとなった今年の帝都桜開花日、満開見頃も例年より10日以上早い訪れとなりました。

そんな訳で本日はお昼前より「桜検分」。
最初に向かったのは赤坂見附、今春が最後になるであろう「赤プリ」と「弁慶濠桜」とのツーショットで御座います。

P3240008_2
【写真上】弁慶橋より一写。
解体中の赤坂プリンスホテルと弁慶濠土手のソメイヨシノ群。
それにしても赤プリくん、随分と小っちゃくなってしまった事…。

P3240002
【写真上】同.濠岸より俯首する桜並木.近景。
咲き具合は今が見頃最盛、残念ながら来週末迄は持ちそうにありません。

P3240016
【写真上】同.堀面に映えるソメイヨシノ。

P3240006
【写真上】赤プリを背景に、撓と咲き乱れるソメイヨシノ。

P40

P3240001_2
【写真上下】昨年の赤プリ桜(上)と、今日の赤プリ桜(下)。
こうして比較してみると、解体工事の進み具合が改めて解ります。
因みに赤プリ新館が完全に姿を消すのは五月下旬頃との事。
来春の土手桜背景には、何も「無くなっちゃう」のですね。

と、10分程の滞在でしたが「赤プリ&弁慶濠桜」見納めに心残り無し。
この後は四谷真田堀から国立劇場.千鳥ヶ淵へと向かいました。
つづく。

尚、『「赤プリ」遺影集』.その一はコチラ。↓
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2013/01/post-7944.html

|

« ●2012/13.「三十一滑目.苗場」 | Main | ●「国立劇場」から「千鳥ヶ淵」へ »