« ●皐月朔日 | Main | ●ビデオ天国 スキー天国 »

2013.05.02

●かぐら「ヤマコレ集」

えー、本日は先週の2012/13最終滑、「かぐら詣」の後日談になります。
今季滑り納めのスキーは終日の春晴れ、「滑走日和」「展望日和」そして「撮影日和」に恵まれた一日となりました。
そんな訳で過ぎ去りしシーズンを惜しみつつの「かぐら山景集」。
三国山脈から越後山脈に至る大パノラマをカメラに収めて参りました。

10_2
【写真上】メインゲレンデ上部からのパノラマ展望。
御覧の通り、靄や薄曇りも無い見事な「春の淡青空」。
三国山脈.越後三山が一望の下に見張らせました。

16
【写真下】5ロマ降り場右側、林間コーストップからのパノラマ展望。
コレ、私めPCのデスクトップ背景になっております。

11
【写真上】かぐらよりのパノラマ風景.北側(向かって右)より、その①。
田代湖を従えて中央手前に聳え立つ平標山(1984m)と、奥に仙ノ倉山(2026m)。
左奥に一段下がったピークが万太郎山(1954m)。

12
【写真上】かぐらからのパノラマ風景.北側(向かって右)より、その②。
万太郎山の山稜から大障子ノ頭を経てオジカ沢ノ頭(1890m)谷川岳(1977m)。
中央は茂倉山(1978m)、左に下って小ピークが武能岳(1759m)。
右端奥には笠ヶ岳(1852m)と朝日岳(1945m)。

13
【写真上】かぐらからのパノラマ風景.北側(向かって右)より、その③。
左より武能岳.笠ヶ岳.朝日岳、少し手前の稜線中央には大源太山(1598m)。
最奥の尾根沿いには大烏帽子山(1820m)と檜倉山(1744m)、左側のピーク柄沢山(1900m)と連なります。
中央最奥に薄ら伺えるのは笠ヶ岳(2057m)?、それとも至仏山(2228m)か?。

14
【写真上】かぐらからのパノラマ風景.北側(向かって右)より、その④。
左の柄沢山から米子東山(1796m)を経て、巻機山本峰(1967m)と割引山(1931m)。
本峰手前のニセ巻機山(1861m)迄はっきりと望めました。
三国山脈は此処迄、端奥には越後三山の一、中ノ岳の姿が伺えます。

15
【写真上】かぐらからのパノラマ風景.北側(向かって右)より、その⑤。
最奥右より聳え立つは中ノ岳(2085m)、越後駒ヶ岳(2003m)、八海山入道岳(1778m).大日岳(1710m)と連なる越後三山。
左手前から右奥に向かっては大峰(1172m)、飯士山(1112m)、イワキ頭(1367m)と金城山(1369m)、越後三山と幾重にも続く山景色です。

Photo_3
【写真上】以上①から⑤、解り易くするとこんな感じです。

17
【写真上】5ロマ左の林間フィールドトップより。
田代湖.田代第一ゲレンデを前景に、平標山~茂倉山に至る三国山脈を眺む。

18
【写真上】かぐら~みつまた連絡コーストップより。
飯士山南斜面には岩原スキー場、ゲレンデの積雪も大分斑らになっていました。

19
【写真上】みつまたゲレンデトップより。
峻厳と聳えるは巻機山のピーク群、遠くには越後三山の眺望。

20
【写真上】同.みつまたゲレンデトップより望む、かぐらゲレンデと神楽ヶ峰。
最後の一枚はやっぱり「かぐら」ヶ峰、と。

以上、こんな感じの三国&越後山脈「ヤマコレ集」。
次にこの景色を眺められるのは今年の12月、「2013/14.初滑り」になるでしょうね。
おしまい。

|

« ●皐月朔日 | Main | ●ビデオ天国 スキー天国 »