« ●ゴールデンウィークエンドfor原宿 | Main | ●「軽井沢ハーフマラソン」10日前 »

2013.05.08

●「NEW GEAR」.2013虎走

えー、連休最終日は月曜日の事。
レース用のランニングシューズが可也草臥れてきましたので、「NEW FOOTGEAR」を物色に行って参りました。
伺ったショップは表参道「ASICS STORE 原宿」で御座います。

現在使用しているシューズは20㎞超の距離だと「ASICS TARTHERGALE2」。
しかしターサーゲイルは昨秋に廃盤、従い後継機種の「TARTHERZEAL」をチョイスする予定でした。
然乍ら今回の「フットギア」選び、思っていたより難航する事に…。

Ref1350650156_200_4購入候補の「ターサージール」ですが、ゲイルの後継機種とは云え全く別のシューズに生まれ変わっていました。
解り易い部分としては、ゲイルに較べ踵部を中心としたホールド感が非常にタイト。
ソールブロックも硬質ラバーに変わり地面を蹴るダイレクト感も増しており、全般的に靴そのものがシビアになりました。
対象レベルを少し上げたかな、て感じです。

これでフルを走るんだったらサブ3がボトム条件、一般中上級ランナーの脚力なら駅伝距離が適正か?、と云うのが正直な感想。
ショップのアドバイサーとも色々話しましたが、フル2時間30分前後のレーサーでもソコソコ足腰に来る靴、コンディションに不安のある時は少し怖いと仰っていました。

尤も主戦距離がハーフの私めには「ドンピシャシューズ」の筈。
何故に二の足を踏んだかと申しますと、偏に低調なコンディションの為でして。
下半身が出来上がっている秋口なら兎も角、スキーシーズンを終えた計りのこの時期は致命的に走り込み不足。
しかも顔面破砕で手術明けの身としては不安が先立ってしまいます。

そんな訳で小一時間、フィッティングを重ねて購入したのがコチラ↓になりました。

Tjr2670793600a

・ASICS TARTHERZEAL TS (TJR267)
安全策でターサージールのTS(トレーニングスペック)。
その名前通りジールユーザーのスピードトレーニングモデルですが、あくまで対象はシリアスなエリートレーサー。
一般中上級ランナー(サブ3前後)なら、本番用シューズとして十分なスペックです。
ジールと比較すると、履き心地や着地感のハードさが少し優しくなった感じ。
立ち位置としては「ターサージール」がゲイルの後継機種とすれば、この「TS」はターサーブリッツに該当、ってなイメージでしょうか。

亦、「踵部のタイトな捕掴感に反して、指先から甲部にかけてのホールド感は至ってソフトフィット」「地面に対するアクション.リアクション(推進力と負荷衝撃)のバランス具合」「センターを中心とした撓み感」等、アシックス的な特色は相変わらず健在です。

そんな訳で取敢えずは暫くこの子とお付き合い。
数レース試した後で、次はジールにするかTSを継続するか決めたいと思います。

|

« ●ゴールデンウィークエンドfor原宿 | Main | ●「軽井沢ハーフマラソン」10日前 »