« ●秩父宮の燃ゆる一日 | Main | ●「ジャパン23-8ウェールズ」.後篇 »

2013.06.16

●「ジャパン23-8ウェールズ」.前篇

えー、昨日は正午前より秩父宮へ。
リポDチャレンジカップ第二戦、「ジャパン-ウェールズ」観戦に行って参りました。

「天の利 (梅雨の暑さと湿度)」
「地の利 (超満員であろうホームゲーム)」
「人の利 (ライオンズ絡みのウェールズチーム編成)」

「これでもかっ」て位にアブセットの条件が整ったこの試合、「オリジナル8」相手にこんなチャンスは滅多にありません。
そんな訳でゲーム開始2時間前より、勇躍「楕円球の聖地」に乗り込んだのでした。

1_2
【写真上】12時前、開場直後の秩父宮。
テストマッチでのこんな光景は果たして何時以来でしょう、入場待ちの長蛇の列が隣のテニスコートへと続いてました。
まぁ少し並んだお陰で、先ず先ず良い席が確保出来ました。

2_2

3_2
【写真上.下】13時過ぎの秩父宮入口。
席を確保した後は一旦競技場を退出、一時間程「お茶」してから再入場致しました。
それにしてもトップリーグとは雲泥の差、人波の途切れる様子がありません。
多分日本でウェールズは「シルヴァーファーン(NZ)」「アザミ(Scots)」の次位に人気のユニオンですからねぇ。

この頃から天候は「梅雨の薄曇り」から「初夏の晴れ模様」へ。
気温/湿度も不快指数全開の30℃&90%オーバー、ウェールズにとっては最悪のコンディションへと変わっていきます。
「よーし、もっともっと蒸し暑くなれぇ~(念)」。

18
【写真上】スタジアム下にて。
「ファイト~っ  いっぱ~あぁつぅ~!」。
「肉体疲労時とウォーターブレイクの栄養補給に
. リポビタンD」。

4
【写真上】矢張り居ました、楽しいウェリッシュ。
頭に咲き誇っている黄色い花は国花「ラッパスイセン」、向日葵ではありません。
左手に抱えているのはウェールズのシンボル「リーク」、買い物帰りではありません。

41
【写真上】同.ウェールズサポーター。
偶然私めの席前に大挙陣取っておられました。
印象的なコメントは「暑い」「椅子が小さくて腰痛い」…でして。

5
【写真上】ジャパンも負けずに。
ラグビーファンならお馴染み、何時もの彼らです。

P6150009
【写真上】試合前の電光掲示板、冠スポンサーに敬意を表して。
「ファイト~っ  いっぱ~あぁつぅ~!(その②)」。
「タウリン1000mg配合 桜のマークのブレイヴブロッサムです」。

6
【写真上】バックスタンド、両チームピッチ入場の際に一写。
「JAPAN 2019」の人文字、先週の花園よりは綺麗な出来栄えでした。

10
【写真上】国歌斉唱とスタジアム風景。
尚、この日の観客数は21062人。
試合開始後も人足は途切れる事無く、バックスタンド両隅は疎か掲示板下の立見迄「フルハウス」の超満席でした。
此処数年、「早慶戦」以外で秩父宮が満員になったのは「東芝-サントリー(07.MS杯ファイナル)」位のもの、ユニオンマッチではもう思い出せない程久し振りの事です。
やっぱりこれだけ入ると「盛り上がり方」が違いますよね。

と、取敢えずはこんな感じにて。
マットリポート等は、次項に続きます。

|

« ●秩父宮の燃ゆる一日 | Main | ●「ジャパン23-8ウェールズ」.後篇 »