« ●お薬「服用中」 | Main | ●明日は「山走り」 »

2013.06.03

●巽橋にて

昨日は祇園巽橋で「放生会」。

この放生会、云う迄も無く「殺生戒」祭儀にて本来は8月15日に営まれる事の多い仏事なのですが、祇園町では何故か六月第一日曜に行われておりまする。

花街で行われる「放生」会とは、一昔前なら何とも「意味深」な儀式でして。

それより何より…。
「大阿闇梨さま」と「舞妓Haaaan」の取り合わせとは、何とも妙なコラボレーション。
否々、天台密教だけに「摩訶不思議」とでも申しましょうかね。

20130602231356gion金魚放流「いのち」に感謝 
祇園で放生会

日ごろ食べている生き物に感謝の意を表す「祇園放生会」が2日、京都市東山区祇園の辰巳大明神前であった。比叡山明王堂の光永圓道大阿闍梨や舞妓らが金魚約2千匹を白川に放した。
放生会は食べ物として口にする生き物を供養したり、放したりすることで、殺生を戒める仏教儀式。祇園放生会は1985年に学生団体が始め、現在は若手僧侶でつくる実行委員会が催している。
辰巳大明神前で法要が営まれた後、光永大阿闍梨や舞妓が木おけに入った金魚を近くの巽橋の上から川に放し、参列者が次々と続いた。多くの観光客や写真愛好家が詰めかけ、京都の初夏の風物詩となった行事を見守った。
(文.写真共 京都新聞6/2より)

|

« ●お薬「服用中」 | Main | ●明日は「山走り」 »