« ●「第14回葛西臨海公園ナイトマラソン」 | Main | ●「中休み?」、それとも「お終い?」 »

2013.07.06

●「蝶」「蜻蛉」「孔雀」

昨日は長刀鉾で吉符入り。
お稚児さん鉾町引き合わせの後、稚児舞「太平の舞」が奉納されました。
7月2日より各山鉾町で始まった「神事始め」もこれにて全て終了です。

そんな訳で、気付けば宵々々山迄「マジック9」。
神事を枝折に数えつつ、ミヤコの夏が過ぎ行くのは早いものです。

尚、今回の表題はお稚児さんの冠に因んだものにて。

20130705190559sirai無事祈る稚児の舞 
長刀鉾・吉符入り

祇園祭の山鉾巡行で先頭を進む長刀鉾の神事始め「吉符入り」が5日、京都市下京区四条通烏丸東入ルの長刀鉾町会所で営まれ、稚児が巡行当日に鉾の上で舞う「太平の舞」を披露した。
長刀鉾保存会の役員や囃子方など約60人が参列した。稚児の白井大督(だいすけ)君(10)と禿の山代悠史(ゆうし)君(9)、宇野慎一郎君(8)の名前を記した吉符を祭壇に供え、祭りの無事を祈願した。
囃子の音色が響く中、白塗りで口元に朱をさした3人が、四条通に面した町会所の2階の窓辺に並んだ。華やかな振り袖と、「蝶とんぼ」の冠をつけた稚児が、囃子の曲に合わせて両手を広げたり、窓の外に体を大きく乗り出すと、見守った市民から拍手が沸き起こった。
(文.写真共 京都新聞7/5
より)

|

« ●「第14回葛西臨海公園ナイトマラソン」 | Main | ●「中休み?」、それとも「お終い?」 »