« ●社参の儀「ダブルヘッダー」 | Main | ●宵々山 »

2013.07.15

●宵々々山

「コンコンチキチン コンチキチン♪」

「粽どーですかー 御守りどーですかー」
「御信心の御ん方様は ろーそく一本献じられましょー♪」

そんな訳で昨夜は宵々々山。
「祇園囃子」が奏でられ「売り歌」唱和される中、祭気分も愈々本格化です。

因みに気になる人出ですが、昨夕は時折小雨が濡つにも関わらず約21万人。
明日は好天気配の上に三連休末日、結構な混雑が予想されそうです。

嗚呼、やっぱり一日位は帰っても良かったかな(ウズウズ)…。

201307142252500714gionyoiyoiyoiyama雨のち人 
祇園祭・宵々々山
祇園祭は14日、宵々々山を迎えた。夕方に雨が上がり、蒸し暑さが増す中、京都市中心部の山鉾町には、駒形提灯の明かりと、「コンチキチン」の祇園囃子の音色に誘われ、見物客が繰り出した。
午後6時、烏丸通と四条通が歩行者用道路(歩行者天国)となった。蛸薬師通や錦小路通など東西方向の道路には、烏丸、室町、新町の南北方向の各通りからどっと人が流れ込み、身動きが取れないほど混み合った。
鉾や曳山に上がる人、懸装品を間近に見られる会所飾りを楽しむ人、屏風祭ならではの秘蔵の品を格子戸越しに眺める人…。思い思いの人波が山鉾町に続いた。
この日は、夕方まで断続的に雨が降った。歩行者天国が始まったころは小雨で、その後回復した。京都府警の調べでは、午後11時までの人出は、昨年より4万人少ない約21万人だった。
(文.写真共 京都新聞7/15
より)

|

« ●社参の儀「ダブルヘッダー」 | Main | ●宵々山 »