« ●「上七軒ビアガーデン」始まりました | Main | ●只今17時半 »

2013.07.04

●祇園町「お千度」

ぞろぞろぞろぞろ…。

「おはようさんどすぅ~」
「おはようさんどすぅ~」
「おはようさんどすぅ~」


ぞろぞろぞろぞろ…。

と云う訳で、本日は祇園町夏の風物詩「お千度」。
学生時分に祇園界隈で仕事していた縁もあって、この催事には何度か出遇した事があるのですが…。
白浴衣のオネーさん達が大挙移動される状景は「華麗」と云うより、寧ろ「圧観」。
八坂さん南楼門前で記念撮影の行われる様や、四条河原町まで大挙移動される様には蓋し圧倒されたのを思い出します。

「八朔」「事始め」「始業式」等、花街佳人の集いし催事は色々御座いますが、その「群雄割拠度」では最たるもの。
百花繚乱「艶花」も、余りに多過ぎると却って「おっかない」もんでして。

因みに今年の揃い浴衣はオーソドックスに「朝顔」文様。
花言葉は「貴方に私は絡みつく」、…嗚呼怖い怖い。

20130704211208osendoアサガオの浴衣、涼やか 
祇園甲部の「お千度」
祇園甲部の芸舞妓が芸事の上達と夏の息災を祈願する「お千度」が4日、京都市東山区の八坂神社で営まれた。京舞井上流家元の井上八千代さんと門下生約80人が涼やかな浴衣姿で参拝した。
井上流の門下生でつくる「みやび会」が毎年、祇園祭期間中に祈願している。アサガオをあしらった白い浴衣姿の芸舞妓は午前9時半ごろから次々と訪れて、本殿でおはらいを受けた。
祇園祭ムードが高まる境内では、参拝を終えた芸舞妓たちに写真愛好家や観光客が盛んにカメラを向けていた。八千代さんは「東日本大震災後、世の中は動き出してきたが、芸の中身は変わらずにいたい。健康に感謝し、地道に力を付け、若い人たちと新たな力を蓄えたい」と話していた。
(文.写真共 京都新聞7/4
より)

|

« ●「上七軒ビアガーデン」始まりました | Main | ●只今17時半 »