« ●「TOP LEAGUE」はじまりました | Main | ●「伊豆ヶ岳トレラン」前篇 »

2013.08.31

●祇園東「衣装合わせ」

扨、早いもので八月も残り数十分、間も無く「秋」を迎えようとしております。
尤も秋と申しましても暦上の話、「残暑の残熱」はまだまだ続きそうですが

そんな暑さ全開な「葉月つごもり」ですが、ミヤコからは早や「晩秋」の便り。
今秋「祇園をどり」、衣装合わせの知らせで御座います。
二ヶ月先の話とは云え、気付けば霜月も直ぐにやってくるものでしょう。

と云う訳で「2013.暑夏」最後のエントリーは「秋華」の話柄でした、とさ。

20130831131556gionnodori八坂の四季、移ろいを舞う 
祇園をどり衣装合わせ

京の花街の一つ、祇園東で11月1日に開幕する舞踊公演「祇園をどり」の衣装合わせが31日、京都市東山区の祇園会館であった。八坂神社の年中行事をテーマにした舞台衣装を芸舞妓が身にまとい、プログラム用の写真撮影に臨んだ。
56回目を迎える今年の祇園をどりの演題は「祇園社季詣」(全7景)で、八坂神社(祇園社)の四季の移ろいを舞台で披露する。第3景の「祇園会」では祇園祭を彩るお囃子と男女の恋心、第6景「おけら詣り」ではおけら火を回す大みそかの様子を表現する。最後は芸舞妓全員でフィナーレ「祇園東小唄」で華やかに舞う。
初舞台となる舞妓の富津愈さんは「不安と緊張が大きいですが、憧れの舞台なので精いっぱいしとおす」と話していた。
11月1~10日。祇園会館で午後1時半と4時の2回公演。観覧料3500円(茶席付4千円)。祇園東歌舞会TEL075(561)0224。
(文.写真共 京都新聞8/31より)

|

« ●「TOP LEAGUE」はじまりました | Main | ●「伊豆ヶ岳トレラン」前篇 »