« ●「汒」土曜日 | Main | ●プレ越後湯沢/青梅~相模湖ラン »

2013.09.08

●「サタデーナイト」「ラグビーナイター」

寝ぼけ眼でテレビのスイッチを付けると、「2020年五輪、東京開催決定」のニュースが飛び込んできた日曜日のお昼前。
尤も私めにとりましては「2002.TOKYO Olympic」より「Rugby World Cup2019.JAPAN」の方がマスト.イベントだったり致しますが…。

と、そんな訳で土曜日夕刻は例に由っての「秩父宮詣」。
トップリーグ第二節、「クボタ-近鉄」「キヤノン-パナソニック」を観戦して参りました。

P9070001
【写真上】16:40、試合開始前のスタジアム風景。
この日の観客数は5747人、まぁいつも通りの客入りです。
キヤノンの動員が無ければもっと酷い数字だったでしょう。

P9070003
【写真上】第一試合、17時キックオフ。
近鉄はセカンドで登場、遠目で見ると「パナ」のゲームウェアみたいですね。

P9070004
【写真上】互いにボロボロのラインアウト。
【クボタ 22-17 近鉄】
二転三転のシーソーゲームで勝敗的には面白い試合でしたが、内容的には全く見るべきもの無し。
まぁ両チームとも「大味なゲーム運び」が持ち味の雑把な芸風。
「クレバーなゲームプラン」とは無縁の上に「此処ぞと云う時のペナルティー&凡ミス」連発で、掴みかけた流れを簡単に相手へプレゼントする計りです。
取敢えずクボタはリアクションの判断.スピード共に悪過ぎ。
フェイズを重ねる度にFWはボールウォッチャー化、ブレイクダウンのサポートが薄くなるのを何とかしないと上のチームにはコテンパンにされそうです。
勝因は比較論で相手よりマシな内容だったのと、天理コンビ活躍のお陰でしょうか。

近鉄は「攻守に黙々と働くトンプソン」「一人でエリアマネジメントに走り回る高」の二人だけが可哀想な意味で目立っておりました。

P9070010
【写真上】第二試合、パナのJP・ピーターセン。
流石デカイ、190㎝のウイング。
隣のヒーナンと遜色無しのサイズ、手前の若松(183㎝)が小さく見えてしまう位です。

P9070016
【写真上】リポD垂幕の前にてスクラム。
「ジャパン」オフィシャルサプライヤーに敬意を表しての一枚。

P9070017
【写真上】ラインアウト一写。
ナイターの所為で変な分解写真みたくなってしまいました。

【キヤノン 23-18 パナソニック 】
第一節を見て、昨季中.下位チームの中では「キヤノン」「織機」辺りにチームとしての面白味を感じたのですが、…いゃあイイですねキャノン。
この日の戦い方を一言で云うなら、「攻撃は最大の防御(しかも嵌った)」。
矢張りチームとして戦い方の芯が徹底されていると、「ワンランク高性能のSO(但し急造)」と「優秀なキッカー」が居ればどんな相手でもソコソコのゲームにはなるもの。
其処にFW.BKに二枚づつ「縦に突破出来るペネトレイター」がいて、「視野の広いFB」がいる、と。
結果この日は試合運び.内容でもスコア以上の完勝、少なくとも「番狂わせ」の力関係とは思わせませんでした。

パナはイーリの早期負傷が余りにも痛い。
以降、明らかに攻撃のリズム.スピードは劣化、判断もおかしくなってしまいました。
それと以外と使えない(フィットしていない)10番、早くもバーンズの合流待ちか。
取敢えず1st2ndステージ共、騙し騙し4位迄に入ればプレーオフでの成熟もあるでしょうが、この日の戦い振りで余り余裕は持っていられなさそうです。
チームカラーとしては、打倒サントリーの一番手だとは思うのですが…。

と、こんな感じでした。
ま、詳しくはこれからJスポの録画を見てみたいと思います。

|

« ●「汒」土曜日 | Main | ●プレ越後湯沢/青梅~相模湖ラン »