« ●第62回式年遷宮参詣.「おはらい町篇」 | Main | ●「嵯峨野」と「伊勢」を紡ぐもの »

2013.10.07

●第62回式年遷宮参詣.「境外別宮篇」

えー、本日は「お伊勢参り」ログの最終篇。
外宮内宮の参詣を済ませた後は内宮門前にて「イセメシ」を堪能。
その後はチャリンコで御幸道路を直進、「月讀宮」に向かいました。
と云う訳での「2013.神宮式年遷宮参詣記」その④、「境外別宮篇」で御座います。

069
【写真上】月讀宮、御社頭。
御幸道路沿いの繁森小丘に御鎮座、此処より表参道に入ります。

69
【写真上】新御敷地。
月讀宮は社殿が四つ並立している為、現社殿敷地と古殿地は南北に縦列。
神宮別宮で唯一の形式を持っています。
玉砂利奥の樹間からは、薄ら社殿の姿が窺えます。

071
【写真上】立ち並ぶ四社殿。
奥より「月讀荒御魂宮」「月讀宮」「伊佐奈岐宮」「伊佐奈弥宮」。
神明造の四社殿が佇む状景は月讀宮だけのもの、中々と壮観で御座います。
尚、参拝は社格に従い②→①→③→④の順で。

072
【写真上】四社を代表して、月讀宮の近景一写。
「荒祭宮」「多賀宮」以外の別宮12社は、来年度に式年遷宮が行われます。

月讀宮を発った後は再び御幸道路を北進、倭姫宮へと向かいました。

074
【写真上】倭姫宮、御社頭。
御幸道路沿いの倉田山に御鎮座、1923年(大正12)と近年の創祀。
祭神の倭姫命は天照大神のツアコンにて、斎宮のルーツとなった皇女です。

075
【写真上】倭姫宮社殿と新御敷地。
伊勢市内に鎮座する境外別宮のうち、「月讀宮」「倭姫宮」は道程がやや不便。
そんな訳で参道は人影も疎ら、内宮外宮の混雑が嘘の様な静寂さでした。

076
【写真上】倭姫宮、近景一写。
神宮参詣も、正宮別宮合わせて此処が12社目(所管社含まず)。
規模や鰹木数こそ違えど基本的に同型の神明造ですから、建築物鑑賞の視点ではソロソロ飽食気味です。
と、そんな「バチ当たり」な事を考えつつ、「姫ノ社」を後にするのでした。

続いては御幸通りを西進、市街中心部を経由して「月夜見宮」へと向かいます。

078
【写真上】月夜見宮、御社頭。
外宮の北側、神路通りの突き当たりに御鎮座。
この日最後の「お伊勢参り」で御座います。

78
【写真上】月夜見宮社殿と新御敷地。
中央には新旧御敷地を地割するかの如く、巨欅が伸びています。
新社殿が造営されたら、魅力的な構図になるでしょうね。

079
【写真上】月夜見宮、近景一写。
この日のお伊勢さん遍路は「外宮」「内宮」「月讀宮」「倭姫宮」の順。
そんな訳で「外削千木」「奇数本鰹木」を目にするのは三時間振りの事でした。

後余談ですが、今回の式年遷宮で新社殿の造営がされたのは「内宮御正殿」「外宮御正殿」「荒祭宮」「多賀宮」の四社(及び両正宮内の主要殿舎)。
従い14別宮のうち、正宮荒御魂を祭る二別宮以外の12社は、来年度(平成27年度)に遷宮となります。
各儀の日時詳細は未だ不明ですが「平成27年度中」と云う事ですので、年明けに行われる可能性もあり。
小耳に挟んだ所処では如何やら28年の1~2月との話らしく。

因みに前回の第61回式年遷宮では、12別宮の遷宮は1993年度(平成5)。
御飾.遷宮公示の日定は以下の通りで、社格順に基づいて行われております。

月讀宮.月讀荒御魂宮(内宮境外) 1993.10/6
伊佐奈岐宮.伊佐奈弥宮(内宮境外) 1993.10/10
瀧原宮.瀧原竝宮(内宮境外) 1993.10/28
伊雑宮(内宮境外) 1993.11/5
風日祈宮(内宮境内) 1993.11/9
倭姫宮(内宮境外) 1993.11/15
土宮(外宮境内) 1993.11/19
月夜見宮(外宮境外) 1993.12/4
風宮(外宮境内) 1993.12/10

そんな訳で今回の御正殿.荒御魂の遷宮に伺えなかった方は、来年度に「お伊勢参り」されるのも宜しいかも。
と、こんな感じの「第62回式年遷宮参詣記」四部作でした。
おしまい。

|

« ●第62回式年遷宮参詣.「おはらい町篇」 | Main | ●「嵯峨野」と「伊勢」を紡ぐもの »