« ●「晩秋遊山」白馬五竜.前篇 | Main | ●「晩秋遊山」白馬五竜.後篇 »

2013.10.24

●「晩秋遊山」白馬五竜.中篇

えー、先日「大町アルプスマラソン」遠征の後日談.続編になります。
前泊の為、土曜日の始発あずさで松本経由大町入り。
大会コースの下見をした後は、嘗ての仕事場「五竜スキー場」へと向かいました。
そんな訳での「晩秋遊山」白馬五竜、三部作の二になります。

Pa190063_2
【写真上】地蔵ケルン(標高1676m)。
アルプス平周辺の「ホワイトアウト」状態からは解放されましたが、相変わらず四囲眺望は「真っ白」。
妙高.戸隠.穂高方面は疎か、近場の「五竜岳」「唐松岳」すらカケラも覗けません。

Pa190070
【写真上】地蔵ケルンより、北方面の眺望。
瞼を閉じれば「白馬三山」「妙高連峰」の雄姿が脳裏に浮かびます。
うーん…。

Pa190071
【写真上】地蔵ケルンより、南方面の眺望。
瞼を閉じれば「戸隠連峰」「美ヶ原」「八ヶ岳連峰」の雄姿が脳裏に浮かびます。
うーん…。

Pa190068
【写真上】同.地蔵ケルンより見下ろす「アルプス平自然遊歩道」。
落葉樹の「朱」「黄」「橙」と常緑樹の「濃緑」が織りなすコントラストが美しく。
しかし流石に標高1676m、紅葉は散り始めで茶枯葉が目に付きました。
山頂の紅葉見頃は、ギリギリ今週一杯かな。

Pa190069
【写真上】下山途中、アルプス第4ペアリフトを眺む。
天候が天候なので小遠見山へのトレックは取り止め、下山する事と致しました。
あーあ「晩秋の北アルプス展望」、楽しみだったんですけどねぇ。

Pa190072
【写真上】下山の際、アルプス第3ペアリフト一写。
ハイシーズンには積雪300㎝超えるゲレンデ、リフト台が矢鱈と高いです。

Pa190076
【写真上】パノラマコースに戻る。
左の分岐はHakuba47への接続コース、一時間前に較べガスが収まって来ました。

Pa190077
【写真上】パノラマコース下部より。
気付けば靄は立ち消え、薄ら陽光すら差し込んできました。
ツイてるのか、ツイてないのか、うーむ…。

Pa190079
【写真上】Alps360内、ビジターセンターにて。
長野県公式マスコットキャラクター「あるくま」、…ぢゃ無いですね。

Pa190080
【写真上】テレキャビンにて下山。
山腹の濃靄は相変わらず、下り最初の数秒間はこんなんでした…。

Pa190082
【写真上】引き続き、テレキャビンにて。
アルプス平ゲレンデを過ぎた辺りから、漸く視界良化。
とおみゲレンデといいもりゲレンデが朧げに覗けます。

Pa190083
【写真上】晩秋五竜の紅葉風景。
山頂に較べ標高の低い分、山腹中部の色付きは最盛。
寺社や公園の人工美紅葉とは違った、雄大な自然美景趣てな感じです。

Pa190084
【写真上】紅葉風景、も一つ。
下りのゴンドラ(リフト)に乗るってのは、シーズン中先ず無い事。
何かミョーな違和感を感じます。

Pa190089
【写真上】も一つ、紅葉風景。
ゴンドラ越しに撮ると、何か臨場感増しますね。

Pa190090
【写真上】ゴンドラより戸隠連峰を望む。
層雲の合間より微かに覗くのは表山、西岳と本院岳。
もっと高い所処からだと、飯綱山や瑪瑙山(戸隠スキー場)も見えるんですけど。

Pa190099
【写真上】山麓の紅葉といいもりゲレンデ。
ゲレンデ向こうには白馬盆地(神城盆地)、その奥には岩蕈山.小谷三山の眺望。

Pa190100
【写真上】テレキャビン乗り場上部より、紅楓とエスカルプラザ。
単体の楓木ではコレが一番の色付き。
高山にしては珍しく、目にも鮮やかな「赤紅色」の彩りでした。

Pa190107
【写真上】とおみゲレンデを後に、ラス一写。
オフシーズン中、ゲレンデ周辺のペンションや各ショップは殆んどクローズ。
ま、この時期にスキースノボを貸出ししててもしょーが無いですからね。

しかし困ったのが大糸線電車のタイムテーブル。
小遠見山へのトレックを予定していたのですが、ガスの所為で時間が「ダダ余り」。
気分的にも消化不良で、この儘帰っては寝覚めが悪そうです。
そんな訳でブラン変更、いいもりゲレンデに向けてチャリを扱ぎ出すのでした。
つづく。

|

« ●「晩秋遊山」白馬五竜.前篇 | Main | ●「晩秋遊山」白馬五竜.後篇 »