« ●「成田POPラン」速報 | Main | ●「成田→新宿」途中下車 »

2013.11.10

●「2013 成田POPラン」

えー、本日は早朝より下総成田へ。
「2013 成田POPラン大会」に参加して参りました。

所処がアプローチからいきなりのイレギュラー。
茨城南部で発生したM5の地震で、乗車中の京成急行が路中停車してしまいました。
運行再開後も鈍行運転、成田駅に着いたのは約40分遅れのら9:15です。
レース開始は10時ですので急ぎ受付と着替を済ませ、慌ただしくアップをしているともうスタート10分前。
そんな訳で落ち着きの無い壗のレース突入となりました。

Pb100003

Pb100006
【写真上】会場の「中台運動公園陸上競技場」、二写。
前述の様な理由で、会場入りからスタート迄は「バッタバタ」。
暢気に写真撮ってる暇はありませんでした。

今回初参戦の同大会ですが二週間前にスクーリングは済ませており、コースを走るのは今日が二度です(因みにコース詳細ログは下記↓にて)。
http://bamboo-bar.air-nifty.com/blog/2013/10/post-72eb.html
従い以下の様なプランでレースに臨みました。

①スタートから6.5㎞地点迄続く、序盤住宅街の緩勾配。
体力のある前半、突っ込んで押し切ってしまう。
②中盤6.5㎞~14㎞のフラットコース田園地帯。
→此処でリズムを建て直し、㎞/4:10前後でコンスタントにラップを刻む。
③外子代公園折り返し以降の狭悪路緑道。
→気合と根性と何かモチベーションを見付けて「粘る」。


しかしプランを台無しにする誤算が一つ…、「筑波颪です。
序盤住宅街から「ヤな」風向きだったのですが、田園地帯に入ると予感は的中。
風を遮る障害物が無い上、運の悪い事に風向きが進行方向の北西風、終始強颪の「向かい風」&「横殴り風」が襲って来ます。
しかも単独走でズルズル後退しそうな所処でしたが、運の良い事に途中から併走したのがゲストランナーの某井上嬢。
8~14㎞間を「ストーカー」の如く密着走、お蔭で崩れかけたピッチを取り戻せました。
(結局15㎞の上りで離されちゃいましたけどね…)
そして復路の住宅街に戻ると、今度は「舗装コンディションの悪い緑道」と「細かいアップダウンの繰り返し」、うーん足に堪えます。
只、田園地帯とは逆にこのゾーンは試走で「レースのキモ」と解っていましたので、思っていたよりもしっかり押せて、最小限のタイムロスに留める事が出来ました。

と云う訳でのゴールイン、スタッツは以下の通り。
・タイム 1:26:13(ネット) 1:26:15(グロス)
・種目別順位(40歳代の部) 24位/525名
・総合順位(ハーフ男子全般) 80位/2006名

初参加で勾配の多いコースと考えれば「まあまあ」の結果なのですが…。
「風」が無ければ25分前半で纏められたのに、と少し悔しさの残るレースでした。

Pb100007
【写真上】11:40頃、ゴール風景。
完走後は軽くストレッチを済ませ、レースウェアの儘「公津の杜」へ軽ジョグ。
駅前の♨へ湯治に向かいました。
これからの時間が「ゴールイン」のラッシュアワー。

Pb100013
【写真上】ゴールイン後風景。
この日の気温は10時時点で17℃。
暑さは然程感ませんでしたが、最大の敵は矢張り「風」でした…。

Pb100012
【写真上】クールダウンに勤しむ人々。
中台陸上競技場のセンター芝生はグッドコンディション。
「ふっかふか」で水気も無く、寝転んでお昼寝したい位でした。

Pb100011
【写真上】山積みのアミノバイタル。
給水場のドリンクから完走後のサービス迄、スポーツドリンクは全てコレ。
オフィシャルサプライヤーに「味の素」さん、入ってましたっけ…。

Pb100019
【写真上】出店ブース風景。
今日の天気予報は午後から「雨」。
雲行きも御覧の通りの曇天模様、今にも降り出しそうです。
そんな訳でフィニッシュ後の会場滞在時間は僅か30分、そそくさと競技場を後にするのでした。

Pb100014
【写真上】競技場外、続々と入線してくるランナー。
私めもこれから約2㎞の番外ラン、「華の湯」に向かってひた走ります。

あと、例に由って個人的な大会雑感。
都心から2時間弱の好立地、しかも駅チカの大会。
もっと「トーキョーランナー」が多いかと思っていましたが、参加者の大半は成田市及び千葉県内の方々。
その所為だけでは無いでしょうが、首都圏開催のマラソンイベントとしては「ロコ色」の強いものでした。
規模的にも参加者を5000人前後に絞っており、会場.コースのキャパとしても適正。
レース開始や完走後の混雑に関するストレスは全くありません。
「給水に」「競技場に」と大活躍のちびっ子ボランティアにも只々多謝、総じて地味ながら減点材料の少ない「グッドレース」と感じました。


唯一惜しむらくはハーフ復路のコース設定。
数年前迄は往路と同じ住宅環状道路だったらしいのですが、地元から交通規制の不便解消に対する要望が強く、現行の遊歩道復路になったとの事です。
(ゴール後、地元ランナーの方と雑談中に伺いました)
まぁこの類のイベントは地元の方々の協力無くしては成立しないのですが、ラス5㎞のコースは矢張りマラソンには不適合。
「コース取り」と「交通規制」の按配をもう少し上手く適応して頂ければと、思いました。

以上、こんな所処にて。
おしまい。

|

« ●「成田POPラン」速報 | Main | ●「成田→新宿」途中下車 »