« ●2013/14.三滑目「かぐら」 | Main | ●一年間「タイセツ」に育んた「コイ」 »

2013.12.06

●「小川和紙マラソン」前々日

Washikun

えー、明後日は「第21回小川和紙マラソン」。
今年もこの大会が年内ラストエントリー、「2013.走り納め」のレースになりまする。
そんな訳でさぞかし「走魂」燃え上がっているのかと申しますと…。

「モチベーションは一向に上がっておりません…」。

理由その①/先々週「小江戸川越」からのバーンアウト。
今秋は「越後湯沢秋桜」→「大町アルプス」→「成田POPラン」と意図的に高低差の多い大会へ参戦、記録狙いは先々週「小江戸川越マラソン」一本に絞ってのローテーションを組んでいました。
結果前走は会心のレース内容で、目論み通りのPB更新(1:22:36)。
その達成感と満足感から緊張の糸もすっかりと緩み、イマイチ臨戦態勢が盛り上がって参りません。

理由その②/気持ちは既に「ロード」から「ゲレンデ」へ。
先月二度の狭山スキー場を経て、一昨日にはかぐらで今季「屋外初滑り」。
アクティビティーの優先順位が完全に「走活」から「滑活」へシフトしてしまいました。
まぁランニング(マラソン)自体が元はと云うとスキーのオフトレが講じたものですから、当たり前っちや当たり前です。

理由その③/初滑りによる「お土産」。
ロードラン/トレランや筋トレで幾ら体躯を鍛えていても、スキーでしか酷使しない筋肉と云うのは実戦で慣らしていくしかありません。
一昨日のスキー土産は、そんな筋肉部位の重度疲労。
下肢では「内転筋群」「腸脛靭帯」、背部では「脊柱起立筋」「下後鋸筋」と云ったランニングでは殆んど痛まない箇所の損傷で、可也芳しくないコンディションでして。

と云う訳で「集中力散漫」「走り込み不足」「体調不良」なレース前、頼みの綱は五月からの「トレーニング貯金」のみで御座います。
それで今回の目標ですが、取敢えずコースベスト(1:27:54)更新。
直近三走の時計推移(1:25:12→1:26:13→1:22:36)から見ると低めの設定ですが、上記事由からしてこんなものかと。
それより何よりこの「筋肉痛」、果たして明後日迄に回復するのかしら…。

|

« ●2013/14.三滑目「かぐら」 | Main | ●一年間「タイセツ」に育んた「コイ」 »