« ●南座桟敷の人々(梨園の佳人たち) | Main | ●勇躍北上「雪上へ」 »

2013.12.03

●「帝都紅葉ポタリング」赤の巻

えー、もう先週の事になってしまいましたが…。
11月27日は水曜正午、チャリを繰り出し帝都「紅葉見聞」に出掛けて参りました。
そんな訳での「都心ポタリング~ 彩葉狩り」後篇になりまする。

Pb270045
【写真上】日比谷公園、松本楼前にて。
「新宿御苑~外苑前~豊川稲荷~永田町~国会議事堂」と、前半はイチョウばかりの観扇行脚でした。
果たして「黄色い紅葉」にも飽きてきましたので今度は文字通りの「紅葉」見聞。
目指すは日比谷公園内、雲形池で御座います。

Pb270046
【写真上】松本楼横の「首かけ銀杏」。
流石樹齢400年、「根廻り」「幹廻り」と云い「枝振り」と云い見事なもの。
尤も老齢木だけあって扇葉は早々と散り終わり、見頃はとっくに過ぎておりました。

037
【写真上】参考資料、2011年.12/1の写真。
黄葉ピークの際はこんな感じです。

Pb270058
【写真上】雲形池畔のイロハモミジ。
良い枝っ振りのものが2~3本、こちらは丁度見頃最盛です。

Pb270050
【写真上】同.近景、「裏を見せ、表を見せて散る紅葉」

Pb270064
【写真上】池面に俯首する楓枝。

Pb270056
【写真上】池面に投影する紅葉。

Pb270063
【写真上】同.投影風景その2。

Pb270068
【写真上】同.日比谷のビル群も投影。

Pb270065
【写真上】逆光のお日様も投影(眩チィ)。

Pb270071
【写真上】投影具合はコレが一番綺麗かな。

Pb270076
【写真上】暖色取り取りの彩葉風景と有楽町ビル群。
高層ビルを借景にした観楓風景ってのは「帝都らしい」ですね。

Pb270078
【写真上】「紅葉」「黄葉」「常緑樹」競演風情。
まるで信号機みたいな色調、面白いので一枚収めておきました。

日比谷公園霞門近くにあるこの雲形池、地泉自体の大きさは「猫の額」程なのですが、妙に間延びせず却って宜しい按配のフォトスポット。
平日の午後にも関わらず、結構な数のアマチュアカメラマンが「パシャパシャ」やっておられました。

こうして小一時間程の日比谷公園「紅葉狩り」滞在。
この後は内堀通りを北上して、靖国神社へと向かいました。

Pb270090
【写真上】靖国神社.第一鳥居より眺むイチョウ並木。
外苑前や議事堂は見頃ピークでしたが、こちらは散り初め。
黄葉具合にも少々ムラっ気が御座いました。

Pb270091
【写真上】第二鳥居の前より、大村益次郎像。
尻側から失礼、イチョウ並木一点透視図法。
靖国神社の黄葉風情、「特等席」で見物しているのは「コノ人」かも。

と、こんな感じの「帝都.観椛行脚」前後篇。
この後は神保町に立ち寄りスキーワックスとスクレーパーを購入、最後にカレー食って帰りました。
因みにこの日一番エポックだったのは…、「まんてん」の壁紙が新調されて真っ白になっていた事でした。
おしまい。

|

« ●南座桟敷の人々(梨園の佳人たち) | Main | ●勇躍北上「雪上へ」 »