« ●第一次白馬遠征 | Main | ●2013/14.十二滑目「八方尾根」 »

2014.01.15

●2013/14.十一滑目「五竜&Hakuba47」

えー、本日より白馬入り、三泊四滑の雪山遠征で御座います。
初日のゲレンデは「1998.NAGANOyear」の仕事場スキー場、五竜&Hakuba47。

そんな訳での滑走記、但しモバイルエントリーの為、内容は簡易版にて。
遠征終了帰宅後、加筆補正.写真アップ致しまする。
(※ 1/16アップ、1/20加筆補正.写真添付です。)

1
【写真上】10時から滑走開始、とおみゲレンデよりゴンドラ乗車。
今朝は5:30起床、6:24/東京駅あさま→8:25/長野駅アルビコ白馬線→9:20/神城駅→→9:40/エスカルプラザ、と最速ルートで五竜到着。
前日の天気予報では、白馬地方は終日「曇り時々雪」でした。
それが「何っ、このエメラルドブルーの青空!!!」
こんな予報の外れ方なら「「何時でも大歓迎」です。

2
【写真上】10時過ぎのグランプリは…、

3
【写真上】天気は良いは、人は居ないは、

4
【写真上】バーンコンディションもサイコー。
兔に角今日は天気が抜群、三月並のピーカンスキー日和
しかも「キュッキュキュ(雪質サイコー)」「ガラーン(ゲレンデ激空き)」、…もう笑いが止まりません。

その上10〜11時頃でも両サイドには圧雪ストライプが残っており、GS並の高速ロングがビシバシ決まります。
ホント、一日中「グランプリだけで回しても良い」って位でした。

Z2
【写真上】アルプス第二ペアより、東南の眺望。
この日はパノラマ山景色も最高、特に北西~南側の見晴しは絶景でした。
東南方向には浅間山.美ヶ原.八ヶ岳が一望の下に。

Z4
【写真上】同.アルプス第二ペアより、北東の眺望。
正面には飯綱山.戸隠連峰、左奥には頸城三山の雄姿もはっきり望めました。

この日の「ヤマコレ集」は亦後日にでも改めて項立て致しまする。

5
【写真上】正午を過ぎて47へ移動。
ラインCにて一枚、空模様は引き続き快晴の儘

7
【写真上】Hakuba47、ルート1。
こっちのコースも「べストコンディション」、雪が多少しっとりしてきたのでトップからセンターの噛み過ぎに注意する程度です。
ガラガラなので日中にも関わらずコース幅一杯に使った高速ロングカービング。
ラインCをピストンループする事約二時間、@いう間に時間が過ぎてしまいました。

9
【写真上】アドベンチャーコースも御覧の様な良雪。
何時ものバンピーさは微塵もありません。

12
【写真上】14時半を過ぎて、再びグランプリへ。
日蔭になり多少アイシーになるも、エッジの食い付具合きは相変わらず絶好調。
気温も下がり、板は益々走る様になった位です。

13
【写真上】チャンピオンダイナミック。
此処は滑走者の少ない分、更に抜群のバーン状況を維持。
嗚呼、ゴンドラに乗らないとアクセス出来ないのが本当に勿体無い…。

14
【写真上】チャンピオンエキスパート。
何時もなら日蔭になる時間帯は「ガリガリ」に青光り氷結化するのですが、この日はしっとり感すら残した好条件をキープ。
コブの起伏も浅めで却って滑り良い位でした。

15
【写真上】ラス2時間はやっぱり「道場」いいもりへ。
程好くアイシー&バンピーになったバーンをミドル~ショートで堪能。
気付けは17時前、今日は時間の過ぎるのが本当に早かった事。
今日は全く休み無し、到着以降「滑りっ放し」でした。

16
【写真上】初日のラス一枚はラス滑のとおみゲレンデ。
通常営業クローズ直前、ナイターの準備もボチボチ始まっています。
ナイター3時間滑るには物足りないコースなので、本日はこれで打ち止め。

と、こんな感じの「お腹いっぱい」な初日でした。
明日も晴れるとイイな。

|

« ●第一次白馬遠征 | Main | ●2013/14.十二滑目「八方尾根」 »