« ●嗚呼、ユアサ… | Main | ●2013/14.十五滑目「石打丸山」 »

2014.01.22

●2013/14.「一樽目」

えー、今日は半月振りの湯沢行脚、石打丸山へ滑りに行って参りました。

所処で「越後湯沢駅」近辺へのスキー遠征は今回がシーズン6回目。
その帰路の都度、何故か私めのスキーキャリーには「野菜」「根菜」の類が詰め込まれておりまする。
駅ナカ.がんぎ通りの即売所「信濃や」さんで、産地野菜を買って帰るのです。
「だって地場産だもの」。
「だって安いんだもの」。

初冬の「零余子」「銀杏」に始まり、正月用の「きな粉」「干し柿」。
「長芋」「大和芋」「長葱」「えのき」「しめじ」「じゃがいも」等、鍋や酒肴の具材…。
そして本日のお土産は。

P1220021

「桶入り野沢菜漬け」、容量1.3㎏(デデーン)。

毎冬桶二~三回は買っており、今季はこれが一樽目です。

鰹節に醤油数滴だけでも充分なのですが、以前松本の料理屋で教えてもらった「薬味におろし生姜」を併せて頂いてます。
いい加減飽きてきたら「お茶漬け」にするも良し「炒飯」にするも良し、「ラーメンの具材」に使っても意外とイケるのでして。
お店の人は「カレーの付け合わせも美味しいよ」と申されておりました。

そんな訳で暫くは「野沢菜三昧」の日々。

|

« ●嗚呼、ユアサ… | Main | ●2013/14.十五滑目「石打丸山」 »